名店のうまい!を、スシローに。“回転すしの常識を超える逸品”を提供する『匠の一皿プロジェクト』“トムヤムクン”や“豆鼓ソース”など異国の要素を盛り込んだ創作すしや、匠考案のタピオカミルクティーが登場!

PR TIMES / 2020年10月1日 12時45分

<10月2日(金)より、全国のスシローにて期間限定で販売>

 株式会社あきんどスシロー(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:堀江 陽)は、名店の匠とタッグを組んで“回転すしの常識を超える逸品”を提供する『匠の一皿プロジェクト』の第十四弾となる商品を、10月2日(金)より全国のスシローにて期間限定で販売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/49164/98/resize/d49164-98-616254-0.jpg ]

 スパイスと食材を巧みに使いこなし、多種多様な料理を提供する京都の話題店“ブランカ”の吉岡氏が考案した「旨辛 食べるトムヤムクンすし」は、“激辛注意”の本場タイの旨辛スープをにぎりに閉じ込めた匠ならではの逸品です。パクチーの香りと辛さを追って、えびの旨みが押し寄せてくる、新感覚のおすしです。

 また、「マナガツオ天ぷら 豆鼓(とうち)ソース添え」も吉岡氏考案の商品で、店内揚げしたマナガツオの天ぷらは外がサクッと、中はふんわりとした上品な味わいです。吉岡氏特製の大豆を発酵させた深みのある豆鼓ソースと、マナガツオ天ぷらを一緒にお楽しみください。

 さらに、本場の味を学ぶために香港の名店で修行し、伝統の技をベースに、枠にとらわれない中華で話題の“中国菜エスサワダ”澤田氏が考案した「匠のライチココナッツミルクティー」は、厳選茶葉を使ったライチティーに、ココナッツミルクを合わせました。ブラックタピオカを入れ、上品に抜けるフルーティーな香りが楽しめる、匠ならではのタピオカミルクティーをぜひこの機会にご賞味ください。

 『匠の一皿プロジェクト』第十四弾の商品は、3品ともお持ち帰りとしてもご注文いただけます。ぜひこの機会に、吉岡氏、澤田氏考案の“回転すしの常識を超える逸品”をご賞味下さい。

『匠の一皿プロジェクト』第十四弾 商品概要

[画像2: https://prtimes.jp/i/49164/98/resize/d49164-98-770986-1.jpg ]

■商品名:「旨辛 食べるトムヤムクンすし」
■発売日:10月2日(金)~
■価 格:300円(+税)
※一部店舗ではお取り扱いがございません。


[画像3: https://prtimes.jp/i/49164/98/resize/d49164-98-818256-2.jpg ]

■商品名:「マナガツオ天ぷら 豆鼓ソース添え」
■発売日:10月2日(金)~
■価 格:150円(+税)
※一部店舗ではお取り扱いがございません。


[画像4: https://prtimes.jp/i/49164/98/resize/d49164-98-509154-3.jpg ]

■商品名:「匠のライチココナッツミルクティー」
■発売日:10月2日(金)~
■価 格:280円(+税)
※よく混ぜてお召し上がりください。

※写真は全てイメージです。
※期間限定商品のため、なくなり次第終了となります。
※一部店舗は品目・価格が異なります。

======================================
【『匠の一皿プロジェクト』とは】

[画像5: https://prtimes.jp/i/49164/98/resize/d49164-98-439273-4.jpg ]

これまでもすしの旨さにとことんこだわってきたスシローが、商品開発をより一層強化し、回転すしの常識を変えることを目的としたプロジェクトです。“味にお墨付きをもらう「監修」”や、“メーカー既存商品を使用した「コラボ」”とは違い、年間を通じてすし以外のジャンルの異なる名店の匠たちに、スシローの定番となりえる商品を創るために一から新商品開発に参画していただくものとなります。

-------------------------------------------------------------------------------------------
《『安全・安心の取り組み』について》
スシローでは、皆様に安全・安心にお食事いただくために徹底した手洗い、消毒・清掃などを行っています。
詳しい取り組みは下記HPをご覧ください。
https://www.akindo-sushiro.co.jp/umaisushiwo_anzenni
-------------------------------------------------------------------------------------------


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング