ソニー・エクスプローラサイエンス「夏休み特別企画」第2弾 「深海」を体感できる特別展を実施

PR TIMES / 2014年7月18日 17時46分

『“超”深海をのぞいてみよう!~水深7800mの世界ってどんなところ?~』を開催

 ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」(東京都港区台場1-7-1メディアージュ5F)では、7月26日(土)~8月31日(日)まで、夏休み特別展『“超”深海をのぞいてみよう!~水深7800mの世界ってどんなところ?~』を開催します。



 今回の特別展では、2013年11月に日本海溝の水深約7800m海域に挑んだ深海探査機「江戸っ子1号」の実際に深海で使用した機体とソニーの3DデジタルHDビデオカメラレコーダー ハンディカムTMを展示し、また、高い水圧や電波が通じないなどの過酷な深海の世界について解説。そのような環境での探査を可能にした硬質ガラス球や、海中ならではの電波通信技術などについて学ぶことができます。

 さらに、この“超”深海で世界で初めて(※)3Dデジタルハイビジョンビデオカメラレコーダーで撮影された映像を体験していただき、そこに映し出された深海魚について解説します。

 今年の夏休みの自由研究は、お台場で深海について調べてみませんか?ぜひソニー・エクスプローラサイエンスへご来館ください。

※ JAMSTEC<独立行政法人 海洋研究開発機構>調べ  


<夏休み特別展>
『“超”深海をのぞいてみよう!~水深7800mの世界ってどんなところ?』

実施概要
■期間
 2014年7月26日(土) ~ 8月31日(日)

■会場
 ソニー・エクスプローラサイエンス(東京都港区台場 1-7-1 メディアージュ5F)内
 「エンタテインメントゾーン/ Entertainment Zone」

■入場料
 大人(16歳~)500円・小人(3~15歳)300円・2歳以下無料

■主催
 ソニー・エクスプローラサイエンス

■協力
 江戸っ子1号プロジェクト(杉野ゴム化学工業所、浜野製作所、パール技研、
 ツクモ電子工業、岡本硝子、バキュームモールド工業)
 海洋研究開発機構(JAMSTEC)
 東京海洋大学
 芝浦工業大学
 東京東信用金庫
 新江ノ島水族館

■展示内容 -抜粋-
・江戸っ子1号の展示
 日本海溝の水深7,800m海域に潜航した深海探査機「江戸っ子1号」の水深710mで実験に使用した実物機体と、実際に深海に潜ったソニーの3DデジタルHDビデオカメラレコーダー ハンディカムを展示いたします

・深海魚の3D映像
 江戸っ子1号が深海でとらえた3D映像を実際にご覧いただき、そこに映し出される深海魚たちの生態を解説します

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング