ワールドカップ開幕直前に聞く フットサルに関する調査(マクロミル)

PR TIMES / 2012年10月30日 10時33分



ワールドカップ開幕直前に聞く フットサルに関する調査

■フットサルの認知率は98%、フットサルワールドカップの認知率は62%
■ フットサルワールドカップをテレビ観戦したい人5割、
 理由は「三浦知良選手が選出されているから」が最多の68%
■ 6割がフットサル日本代表「SAMURAI5(サムライファイブ)」の優勝に‘期待’

インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、
全国の15才以上の男女に、「フットサルに関する調査」を実施いたしました。
調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は2012年10月25日(木)~10月26日(金)。
有効回答数は500名から得られました。
 11月1日からタイで開催される『2012 FIFAフットサルワールドカップ』に先駆け、
フットサルの認知率やフットサルワールドカップへの関心度について調査しました。
今年は‘カズ’こと三浦知良選手が日本代表に選出されたこともあり、
フットサルが世間の注目を集めていることがうかがえました。


【調査結果概要】

=====================================================================
■フットサルの認知率は98%、フットサルワールドカップの認知率は62%
====================================================================
 「フットサル」というスポーツ競技を知っているかを尋ねたところ、
「ルールまで詳しく知っている」という回答が15%、
「名前を聞いたことがある」が83%で、知っている人は合計で98%でした。
 また、フットサルについて詳しく尋ねたところ、
実際にプレイしたことがある人は14%、プロの試合を観戦したことがある人は6%にとどまりました。
一方で、フットサルのワールドカップがあることを知っている人は62%、
『2012FIFAフットサルワールドカップ』に日本が出場することを知っている人は58%となりました。


=====================================================================
■フットサルワールドカップをテレビ観戦したい人5割、
 理由は「三浦知良選手が選出されているから」が最多の68%
====================================================================
 『2012FIFAフットサルワールドカップ』のテレビ放送を観戦したいかどうか尋ねたところ、
「観戦したい」(とても観戦したい+やや観戦したい)人は46%でした。
 観戦したい理由としては、「三浦知良選手が選出されているから」が68%で1位、
次いで「サッカーが好きだから」「話題になっているから」がそれぞれ40%となりました。
‘カズ効果’でフットサルワールドカップへの関心が高まっていることがうかがえます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング