フェンディ、キム・ジョーンズのウィメンズコレクション アーティスティックディレクター就任を発表!

PR TIMES / 2020年9月9日 18時45分

KIM JONES ARTISTIC DIRECTOR OF WOMEN’S COLLECTIONS AT FENDI



[画像: https://prtimes.jp/i/3876/99/resize/d3876-99-998753-0.jpg ]

イタリア・ローマ(Rome)を代表するラグジュアリーブランド フェンディ(FENDI)は、キム・ジョーンズ(Kim Jones)がウィメンズのオートクチュール、レディ・トゥ・ウェア、およびファーのアーティスティックディレクターに就任したことを発表いたします。

フェンディ家3代目のシルヴィア・フェンディ(Silvia Venturini Fendi)は、引き続きウィメンズのアクセサリーおよびメンズコレクションのアーティスティックディレクターを務め、キム・ジョーンズと協力していきます。一方キム・ジョーンズも、Dior(ディオール)のメンズアーティスティックディレクターを兼任することになります。

ベルナール・アルノー(Bernard Arnault)は今回の就任を歓迎し、次のように述べました。「キム・ジョーンズはすばらしい才能の人材で、当社に加わった当初から、常にLVMHの信念と伝統に適応するすばらしい力を発揮し同時にそれらの要素に卓越したモダニティと大胆さをもたらしてきました。フェンディにおいても、彼のヴィジョンや情熱がウィメンズコレクションを成功に導くことでしょう」

キム・ジョーンズは、次のように述べています。「この信じられないほど素晴らしいチャンスを与えてくださりベルナール・アルノー、ピエトロ・ベッカーリ(Pietro Beccari)、セルジュ・ブランシュウイッグ(Serge Brunschwig)そしてシルヴィア・フェンディに、心より感謝を申し上げます。格調高い2つのメゾンでデザイナーとして仕事ができることは、とても名誉なことです。ディオールメンズでの仕事を継続しながらフェンディにも参加できること、それは本当に最高の栄誉です」

さらに、フェンディのチェアマン兼CEO、セルジュ・ブランシュウイッグが声を強めます。「フェンディにキム・ジョーンズを迎えることができ、興奮しています。キムは今、最も有能で重要視されているデザイナーのひとりです。これまでフェンディとカール・ラガーフェルドのレガシーを実質的に引き継いできたシルヴィア・フェンディと共に、彼はフェンディの世界観に、唯一無二のユニークなコンテンポラリーをもたらすことでしょう」

フェンディのアクセサリー、およびメンズコレクションのアーティスティックディレクター、シルヴィア・フェンディは「ようこそ、キム!心から尊敬し、友情を感じています。一緒にフェンディの世界を次のレベルへと高めていくことがとても楽しみです」と述べました。

キム・ジョーンズは、フェンディにおける最初のコレクションとなる2021‐22年秋冬ウィメンズコレクションを2021年2月のミラノ・ファッションウィークにて発表いたします。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング