W杯惨敗の本当の理由とは!?『敗戦から未来へ』10/25発売

PR TIMES / 2014年10月24日 19時9分

元日本代表監督・山本昌邦氏が徹底したデータ分析をもとに解説!

 株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)は、2014年10月25日、書籍『敗戦から未来へ』を発売します。



 ブラジルW杯でベスト8進出の力はあったにもかかわらず、グループステージ敗退となったザックジャパン。欧州で活躍したザッケローニ監督を招聘し、「日本人らしさを追求した世界と戦えるサッカー」を4年にわたり熟成させてきたが、その戦術がなぜ通じなかったのか。
 本書では、スポーツをさまざまな角度から数値化し分析する「データスタジアム」完全協力のもと、元オリンピック日本代表監督の山本昌邦氏とスポーツライターの戸塚啓氏が、歴代最強と言われるメンバーを揃えながら日本代表が惨敗した理由、ドイツはなぜ優勝できたのか、W杯で活躍した一流プレーヤーの戦術等について、解析データをもとに解説。また、次の2018年ロシアワールドカップまでに日本代表が世界を驚かすためには何が必要なのか、勝利へ導くための指南書です。

<基本情報>
書籍 『敗戦から未来へ』
定価 :本体1300円+税
判型 :四六判
発売日:2014年10月25日
山本昌邦(やまもと まさくに)
【プロフィール】
1958年4月4日生まれ、静岡県沼津市出身。現役時代のポジションはディフェンダー。国士舘大学卒業後、ヤマハ発動機株式会社サッカー部に入団。1982年には日本サッカーリーグ2部優勝、1983年には天皇杯優勝とチームに貢献。冷静な判断と鋭いタックルを武器に、各世代で代表選手としても活躍した。1987年に現役を引退。ヤマハ発動機のコーチを経て、1997年ワールドユースでは監督として当時最高のベスト8という好成績を収めた。また、日本代表のコーチとして、フィリップ・トルシエ氏やジーコ氏を支え、2002年W杯ベスト16進出に貢献。W杯終了後、オリンピック日本代表監督に就任した。2004年11月に、古巣ジュビロ磐田の監督に就任。現在は、NHKの サッカー解説をはじめ、プーマのアドバイザーとして高校・大学サッカーでの指導など、幅広い活動を展開。また、2009年からは、母校・国士舘大学体育学部の客員教授も務めている。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング