楽天トラベル、2014年クリスマス旅行ランキング発表!上位エリアは訪日外国人旅行者の人気が集中

PR TIMES / 2014年11月10日 17時7分

東西の2強テーマパーク対決を制したのは?!

楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は、旅行予約サイト「楽天トラベル」( http://travel.rakuten.co.jp/ )における、クリスマス期間(2014年12月12日(金)から2014年12月25日(木))の国内・海旅行の予約状況についてまとめましたので、お知らせいたします。
今年のクリスマスの旅行動向(※1)は、北海道の札幌周辺が好調です。また、大阪も伸長しており、新アトラクションが話題のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R) (USJ)や、西の新名所「あべのハルカス」 が牽引しています。また、かつてのハネムーンメッカ・宮崎に若いカップル旅行ブームの兆しが見られました。



     ────────────────────────────────────
 札幌周辺エリアに人気集中!理由は「訪日外国人」&連続テレビ小説ロケ地
       【2014年クリスマス旅行ランキング発表】
  http://travel.rakuten.co.jp/ranking/special/xmas/
     ────────────────────────────────────

【対象期間】2014年12月12日(金)から2014年12月25日(木)

■■■ 2014年クリスマス エリア別 宿泊先伸び率ランキング ■■■
順位 エリア名 (昨年対比)
第1位 【北海道】 すすきの・中島公園周辺 (+203.3%)
第2位 【宮崎県】 宮崎市内 (+128.6%)
第3位 【北海道】 大通公園周辺 (テレビ塔・時計台・狸小路) (+103.8%)
第4位 【大阪府】 大阪駅・梅田周辺(含尼崎)・ユニバーサルシティ(+43.7%)
第5位 【大阪府】 心斎橋・なんば・天王寺・市内南部 (+34.2%)


<北海道 札幌周辺エリアに人気集中! 理由は「訪日外国人」&連続テレビ小説ロケ地>


クリスマス期間中最も大きな伸びを示したのは北海道の札幌周辺の2エリアとなりました。北海道全体の宿泊者数を居住地別で見ると、1位の北海道(道内の旅行者) に続いて2位海外・訪日外国人(※3)となり、海外からの旅行者が増加しています。また、今年9月から放送の連続テレビ小説の舞台となった余市町の「ニッカウヰスキー余市蒸留所」を含むエリア(※4)は札幌から車で1時間強と市内からの周遊の便も良く、前年同期比43.7%増と注目を集めています。札幌周辺エリアでは、期間中「さっぽろホワイトイルミネーション」や「ミュンヘン・クリスマス市」のクリスマスイベントが開催されます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング