キャップジェミ二株式会社、『製品開発マネジメントセミナー』を開催

PR TIMES / 2019年9月10日 11時40分

~新時代を生き抜く製品開発マネジメントの在り方とは、実現と成功のカギを考察する~

キャップジェミニは、2019年10月4日(金)に日本橋ホール(日本橋高島屋三井ビルディング9階 )にて、製品開発部門のマネジメント層の方々に向けたセミナーを開催いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25250/99/resize/d25250-99-265994-3.jpg ]



この不透明な経済状況の中、AI・IoTなどに代表されるデジタル化の進展、ビジネスモデルの変遷などにより、現在多くの製造業が岐路に立たされております。特にR&D/設計開発部門における製品開発プロジェクトは、製品の複雑化や開発のグローバル化、納期遵守、コスト・リスク管理、人材の育成など多種多様な課題に直面していると認識しております。

本セミナーでは製品開発部門のマネジメント層の方々に向けて、製造業や製品開発における動向 および各企業に共通してみられる課題等から得られる知見だけではなく、実際のR&D/製品開発部門からゲストをお招きし、広い視点から製品開発部門の運営における課題を捉え、その留意点をご提供し、 今後の指針の気付きの一つとしてご参考にしていただくことを目的として開催いたします。

■開催概要
【開催日時】
  2019年10月4日(金) 
  13時30分~17時15分 (受付13時~)
【会場】
  日本橋ホール ホール1+2 (日本橋高島屋三井ビルディング9階) 
  東京都中央区日本橋二丁目5番1号
【アクセス】
  東京メトロ銀座線・東西線/都営地下鉄浅草線「日本橋」駅直結
  地下鉄東京メトロ半蔵門線 「三越前」駅 徒歩5分
  JR各線「東京」駅徒歩5分
【アジェンダ】
 特別講演:新時代に技術を価値へ転換する、ソニー R&Dセンターの取り組み
 ソニー株式会社 R&Dセンター 事業探索・技術戦略部門 部門長
  兼 ソニー株式会社 R&Dセンター 事業開発プラットフォーム・事業化推進室 室長
  兼 ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 経営企画部門 部門長
  兼 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 取締役・執行役員・管理部門長
 山口 周吾 氏

主催講演:不確実性や複雑性が高まる環境下における、成功に向けた製品開発プロジェクトの運営と留意点とはー
 キャップジェミニ株式会社 Vice President
 藤澤 貴啓

事例講演:医療機器におけるグローバル製品開発マネジメント
 オリンパス株式会社 R&D機能 内視鏡事業開発、グローバル(兼)内視鏡システム製品開発 Vice President
 中村 一成 氏

パネルディスカッション:
新時代を生き抜く製品開発マネジメントの在り方とは。実現と成功のカギを考察する
ソニー株式会社 R&Dセンター 山口 周吾 氏
オリンパス株式会社 中村 一成 氏
キャップジェミニ株式会社 藤澤 貴啓

【参加対象】
  製造業企業における、経営企画・企画・開発・設計等の部門の管理職の方々
  100名 事前登録制 / 無料ご招待
  ※申込み多数の場合は抽選とさせて頂きます。
【参加申し込み】
  www.b-forum.net/cpg

皆様のご来場をお待ちしております。

[画像2: https://prtimes.jp/i/25250/99/resize/d25250-99-498950-2.jpg ]



キャップジェミニについて
キャップジェミニは、コンサルティング、テクノロジーサービス、デジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーとして、イノベーションの最前線に立ち、進化を続けるクラウド、デジタル及び各種プラットフォーム分野で、顧客のあらゆるビジネス機会に対応致します。キャップジェミニは、50年にわたり蓄積してきた優れた実績と業界固有の専門知識を基に、戦略から運用まで、弊社の一連のサービスを通じて、顧客企業が目指すビジネスビジョンの実現をご支援致します。キャップジェミニの信念は、「テクノロジーに関わるビジネス価値は人を通じて具現化される」ことであり、この信念こそが弊社の原動力となっています。
キャップジェミニは、世界40ケ国以上、20万人以上に及ぶチームメンバーで構成される多文化企業です。キャップジェミニ・グループ全体の2018年度売上は、132億ユーロです。

キャップジェミニ 製造&サービスコンサルティング部門について

製造&サービスコンサルティング部門では、欧州をはじめとしたIndustry4.0に関する企業の取組みや、MIT(マサチューセッツ工科大学)とのデジタル・トランスフォーメーションに関する共同研究といったグローバルの先進的なナレッジと、研究機関や各産業界の専門家、ベンチャーキャピタルや各パートナーなどとの多様なネットワークを活用し、多くのお客様の変革をリードしてきております。特に製品開発/R&Dの領域に於いては製品開発戦略・方針策定・製品ロードマップ作成から開発プロセス/マネジメント、組織・体制/風土・文化改革およびそれを支えるIT領域まで幅広くご支援しております。

キャップジェミニ株式会社については、以下をご覧ください。
https://www.capgemini.com/jp-jp/

キャップジェミニ株式会社 製造&サービスコンサルティングについて
  https://www.capgemini.com/jp-jp/manufacturingserviceconsulting/

キャップジェミ二株式会社のソーシャルアカウント
Twitter: https://twitter.com/CapgeminiJapan
Facebook: https://www.facebook.com/CapgeminiJapan/

People matter, results count.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング