茨城県と(株)リビタによる関係人口創出の取り組み|地域・地元企業の課題解決を企画する「if design project」実施

PR TIMES / 2018年8月1日 12時1分

このたび、茨城県(県知事:大井川和彦、以下茨城県)が取り組む「平成30年度いばらき移住・二地域居住推進業務」の一環として、株式会社リビタ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:川島純一)が茨城県外で働く個人・クリエイター・フリーランス人材と共に、茨城県内企業及びその地域の課題解決の企画を行う実践型デザインプロジェクト「if design project(読み:イフ デザイン プロジェクト)~茨城未来デザインプロジェクト~」を2018年9月から12月までの約3か月にわたり実施いたします。



「if design project~茨城未来デザインプロジェクト~」とは?

if design projectとは、「あなたの”もし…(if)“が、茨城(ibraki)の未来(future)を変える。フィールドワーク+講義+ワークショップによる実践型デザインプロジェクト」です。
日本を、茨城を、地域を良くしようと活動を続ける地元企業3社(パートナー企業)のリアルな企業課題や茨城の魅力について、フィールドワークを通して学び、異なるバックグラウンドを持つ受講生と共に、課題解決の企画を行っていきます。
受講生は茨城と東京を行き来し、「もし自分たちだったら何をやるか」「何ができるか」を企画、デザイン。最後には受講生の思いがこもったプランをそれぞれのパートナー企業に提案します。「自分たちだったら何をやるか」を考えてもらうことで、本取組み後も実プロジェクト化し、受講生とパートナー企業や地域との関係性が持続していくことを期待しています。
また様々な地域かつ多方面で活躍されている方々をメンターとして招聘し、受講生の企画をサポートします。さらにメンター陣の経験や実績に基づくレクチャーを通した様々な学びの時間も用意しています。

公式ホームページ: https://if-design-project.jp
公式Facebookページ  :https://www.facebook.com/if.design.project/
[画像1: https://prtimes.jp/i/8644/100/resize/d8644-100-593298-0.jpg ]



【実施の背景・目的】
茨城県は、まち・ひと・しごと創生総合戦略の基本目標として掲げる“「新しい豊かさ」へのチャレンジ”の中で、喫緊の課題である人口の社会増対策として、東京圏との近接性や穏やかな気候などの特性を活かし、本県への移住・二地域居住の推進に力を入れています。
平成28年度からは、東京圏に立地する企業とタイアップし、将来的に地方への移住に関心を持つ東京圏在住の従業員が、トライアルとして本県に移住・二地域居住する取組みを推進してきました。
本年度は、企業だけでなく、地方での事業展開や将来的な地方移住に関心がある、スキルを持つフリーランスをはじめとした茨城県外で働く個人を対象に、本プロジェクトを通し、密に地元企業や地域との関係性を構築し、将来的な移住・二地域居住を促進する流れを構築することを期待しています。

【開催概要】
<実施スケジュール>
・9月15日(土)8:00 – 20:00
茨城県内フィールドワーク
東京から貸切バスで茨城県内のパートナー企業及び地域へフィールドワーク
つくばエクスプレス つくば駅解散予定

・10月13日(土)10:00 – 18:00
企画ワークショップ+メンターからの講義
開催場所:都内 シェア型複合施設「the C」

・11月10日(土)10:00 – 18:00
企画ワークショップ+メンターからの講義
開催場所:都内 シェア型複合施設「the C」

・12月9日(日)13:00 – 19:00
最終プレゼン
開催場所:都内 Yahoo! JAPANのオープンコラボレーションスペース「LODGE」
※時間は多少前後する可能性あり

<パートナー企業(テーマ)>
スポーツ×地域:水戸ホーリーホック
「廃校を活用したクラブハウスやスポーツを軸とした地方創生プランを企画」

食×地域:あいきマロン
「「笠間の栗」地域ブランド確立へ~総合的なブランディング案を企画~」

山×地域:日升庵
「歴史と伝統ある筑波山!観光によらない新たな人の誘引策を企画」


<メンター>
[画像2: https://prtimes.jp/i/8644/100/resize/d8644-100-902832-1.jpg ]

スポーツ×地域:坂口 淳
AS,inc.代表。日本サッカー協会スポーツマネジャーズカレッジ(SMC)ダイレクター。FC越後妻有ディレクター。
1991年大手私鉄入社、沿線の街づくりでスポーツ施設の開発運営に携わり2003年に独立。現在はサッカースクールで子供たちの育成と、スポーツ施設開発やスポーツによる街づくりを行う。
2004年よりSMCに参画し「スポーツ=楽しいときを過ごす」という本質を共有する仲間づくりに注力。最近は地方での「スポーツ×農×アート」をテーマにした機会を得て、2012・2015越後妻有大地の芸術、2013瀬戸内国際芸術祭、他に参加。


[画像3: https://prtimes.jp/i/8644/100/resize/d8644-100-710910-3.jpg ]

食×地域:徳田 祐司
クリエイティブディレクター/アートディレクター

武蔵野美術大学卒業。電通、オランダのクリエイティブエージェンシーを経て、2007年、デザインエージェンシー、canariaを設立。ブランドのコンセプトメイキング、世界観作りから広告までのトータルデザインにおけるアート&クリエイティブディレクションを行う。
代表作に、いろはす、FLOWFUSHI全ブランド、UNIQLOグローバルキャンペーン、W杯招致活動ロゴデザイン、FANCLブランドリニューアル広告等。
マサチューセッツ工科大学、慶應義塾大学、東京藝術大学、武蔵野美術大学などで特別講義を行うなど国内問わず活動中。


[画像4: https://prtimes.jp/i/8644/100/resize/d8644-100-361604-2.jpg ]

山×地域:金子 愛
茨城県大洗町出身。法政大学卒業後、都内人材系企業を経て、2011年千葉県富津市金谷に移住。町の中心部の空きホテルをリノベーションし、コミュニティスペースKANAYA BASEとして再生させる。
共同代表として、施設運営、イベント企画実行、広報などを務め、町おこしの事例として注目される。金谷での経験をもとに、よりビジネスの視点で地域を盛り上げること、コミュニティをつくることに使命を感じ、2015年1月に株式会社R.projectに参画。新規事業/施設/プロジェクトの立ち上げ、採用、広報などを担う。2018年7月より執行役員。


<募集要項>
■募集対象
・茨城県と関わりたいが、きっかけを探していた方
・プロジェクトデザインを体感したい方
・普段と異なる社会人とチームを組み共創し、自らの可能性を広げたい方
・地方で何かコトを起こし、自らの生き方や働き方を考えてみたい方
・自らの経験(デザイン、マーケティング、プロモーション、事業企画、コピーライティング、まちづくりなど)を活かしてみたい方
・幅広いテーマに興味・関心を持てる方
・茨城に貢献したい方、いつか茨城で住みたい、働いてみたい方(熱意があれば、学生の方の参加も可能)

■参加条件
・実施スケジュール通りに参加できる方
※全4回全てに参加できることが条件となります

■募集人数 :20名程度

■実施期間 :2018年9月~2018年12月

■参加費用 :3万円
※会場等までへの交通費、企画書制作費、企画関連費用等については別途自己負担となること、予めご了承ください。

■申込み方法
・公式ホームページ(https://if-design-project.jp)から、エントリーフォームより、お名前、ご連絡先、職業、志望動機、参加を希望するテーマなどの必要事項を入力し、送信してください
・締切:2018年8月31日 24:00まで

■選考結果発表
・2018年9月7日まで(エントリーフォームにご入力いただいたご連絡先にてお知らせいたします)

■お問い合わせ
・ご質問がある場合は、以下までお気軽にご連絡くださいませ
 メールアドレス:info-ifdp@rebita.co.jp


株式会社リビタについて
「くらし、生活をリノベーションする」をコンセプトに、既存建物の改修・再生を手がける会社として設立。「次の不動産の常識をつくり続ける」を経営ビジョンに掲げ、一棟、一戸単位のマンションや戸建てのリノベーション分譲事業やリノベーションコンサルティング事業、シェア型賃貸住宅や商業施設、公共施設、シェアスペースの企画・運営、PM・サブリース事業、ホテル事業を手がけています。
近年では、東京内神田のシェア型複合施設「the C」を地方自治体の移住相談窓口や東京事務所としての活用を図ることや、大人の部活がうまれる街のシェアスペース「BUKATSUDO」で展開する講座・部活等のコンテンツを通した地方との関係人口創出など地方と連携した事業展開も多くなっています。また、日野市産業連携センター「PlanT」では、市民が地域のものづくり企業の工場へ実際に足を運び、見て学ぶ経験(工場見学)、そしてワークショップを通して製品に自ら触れる機会(ものづくりワークショップ)やアイデアソンを実施し、参加者と企業が、技術やサービスの新たな活用法を考えていくプロジェクトを展開。
リビタがこれまで様々な場で蓄積してきた「コンテンツ企画・運営」「集客・プロモーション企画」「コミュニケーションマネジメント」等のノウハウを活かしながら、地域の場を基点に、街やその地域のプレイヤーと連携し、地域活性化、関係人口創出へとつなげていく事業を展開しています。


名称:株式会社リビタ      設立:2005年(2012年より京王グループ) 代表取締役社長:川島 純一
住所:東京都目黒区三田1‐12‐23MT2ビル URL:www.rebita.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング