居抜き空き店舗の多いエリアは変わらず!売却価格は高騰傾向か!? 飲食店の居抜き物件動向調査(2014年夏期)

PR TIMES / 2014年10月31日 17時25分

飲食店の閉店支援サービスを提供する、「居抜き情報.COM」【http://www.inuki-info.com/】(運営:株式会社シンクロ・フード)では、2014年7月から2014年9月の間で募集された飲食店の居抜き空き物件の傾向について調査をいたしました。※1
詳細は下記の調査レポートよりご確認ください。

■ 居抜きの空き店舗が一番多いエリアはJR新橋駅、次いで東京メトロ六本木駅、JR渋谷駅となり、昨年に続き、六本木駅周辺での居抜きの飲食店舗物件が目立っている

【2014年の居抜き空き店舗物件ランキング(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)】

1位:新橋駅(前年:5位)
2位:六本木駅(前年:1位)
3位:渋谷駅(前年:6位)
4位:池袋駅(前年:3位)
5位:関内駅(前年:4位)
6位:新宿駅(前年:2位)
7位:神田駅(前年:7位)
8位:高田馬場駅(前年:10位)
9位:五反田駅(前年:9位)
10位:赤坂駅(前年:-)


今回算出した結果では、新橋駅での居抜き物件募集数が1位となりました。前年同時期の集計で第5位という結果でしたが、今回は目立って居抜き空き物件が出てきている傾向にあります。

また、募集された居抜き物件のうち50パーセント以上が10坪以下の小さい物件となっており、バー、スナックなどの撤退が目立っている傾向にあります。

2位以下の六本木駅、渋谷駅、池袋駅などは例年と大きな変動はなく、多くの居抜き空き物件が出てきている状況です。関内駅に関しては、昨年同時期に集計した結果から1ランク降下し、5位になりました。上位のターミナル駅と比べ乗降客数が少ないにも関わらず多くの居抜き空き物件が出きている傾向にあります。


■ 平均的な造作譲渡金額は上昇傾向にある、これから出店を検討する場合はより慎重になる必要があるか!?

【2014年7月~9月の平均造作譲渡募集額】

・268.13万円(昨年同時期より32.75万円の上昇)

居抜き店舗売却時の造作譲渡代金は昨年の同時期に集計したデータよりも32.75万円の増加がみられますが、長期的には下降傾向の流れがある為、一時的な上昇の可能性もあります。


■ 業態別の居抜き空き物件数では居酒屋・ダイニングバーが圧倒的!前年と比較し、アジア料理店の物件数も増加傾向

【2014年7月~9月の業態別居抜き空き物件】
1位:居酒屋・ダイニングバー (前年:1位)
2位:バー (前年:2位)
3位:カラオケ・パブ・スナック (前年:3位)
4位:中華 (前年:5位)
5位:ラーメン (前年:6位)
6位:和食 (前年:4位)
7位:アジア料理 (前年:-)※2
8位:カフェ (前年:7位)
9位:そば・うどん (前年:-)
10位:洋食 (前年:8位)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング