7月下旬企業調査/4割以上が採用活動を終了 採用活動を通して感じた“人事担当者川柳”発表

PR TIMES / 2013年8月15日 18時7分

~『2014年3月卒業予定者の採用活動に関する企業調査』より~

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:夏井丈俊)は、全国の主要企業8,747社を対象に、2014年3月卒業予定者等の採用活動に関する企業調査を行いました(調査時期:2013年7月23日~31日、回答社数:1,221社)。



1.企業の4割は採用終了
2014年3月卒業予定者の採用選考を「終了した」企業は全属性の総合で41.0%。5月の前回調査(5月21日~29日)の18.4%から22.6ポイント増加しており、この2カ月で採用活動が大きく進展したことが分かります。従業員規模が大きくなるほど終了率は上がり、1000人以上の大手企業では49.3%と半数に迫ります。
採用予定数に対する内定者の割合、いわゆる「充足率」は、全属性の総合で76%。5月下旬時点では48%だったので、6月以降に選考、内定出しを精力的に行った様子がうかがえます。(別紙図表1参照)


2.内定辞退者は増加傾向
内定辞退者数について前年度との増減を尋ねたところ、「かなり増えた」8.4%、「やや増えた」20.6%と、合計して29.0%が増えたと回答したのに対し、「かなり減った」9.9%、「やや減った」12.9%の合計は22.8%でした。過去5年間の推移を見ると、全体的に内定辞退は増加傾向にあると言えます。(別紙図表2参照)


3.採用状況の満足度は「量に対して不満」が高まる
ここまでの採用状況の満足度については、全体的に「量に対する不満」が高まっています。「質的には満足だが、量的に不満」25.0%と「質・量ともに不満」29.1%を合計すると、量に対する不満は54.1%となり、前年の49.7%を4.4ポイント上回ります。内定者の質を維持するためハードルを下げない厳選採用企業で採用予定数を確保できておらず、量への不満が高まっていると推察できます。(別紙図表3参照)


4.2015年度も採用意欲の高さは継続の見込み
2015年度の採用見込みについて尋ねたところ、全体の53.2%の企業が「今年度並み」と回答しましたが、「増える」が12.1%で、「減る」の4.7%を7.4ポイント上回りました。「未定」とする企業が30.0%と3割あるものの、来期もこのまま採用意欲が維持される可能性が高そうです。(別紙図表4参照)


5.中途採用の意欲も堅調
2013年1-6月期に中途採用の募集を行った企業は55.4%。昨年の1-6月期調査の51.3%よりも4.1ポイント増えました。一方、今後1年以内の見通しは、募集を行う予定がある企業が49.1%と2社に1社にのぼります。新卒採用のみならず、中途採用についても採用意欲は高いようです。(別紙図表5参照)


6.採用担当者が詠んだ“人事担当者川柳”発表
採用業務を通して感じていることを、川柳に詠んでいただきました。世間では、とかく「学生の就職難」ばかりがクローズアップされがちですが、企業側の採用担当者の日ごろの苦労や奮闘ぶりをうかがい知ることができる作品が多数寄せられました。(別紙図表6参照)

《調査概要》
 調査対象: 全国の主要企業8,747社
 回答数: 1,221社
 調査方法: インターネット調査法
 調査期間: 2013年7月23日~31日
 調査機関: 株式会社ディスコ キャリアリサーチ


<本リリースに関するお問合せ先>
株式会社ディスコ  社長室 広報担当
Tel:03-4316-5500 Email : pr@disc.co.jp
コーポレートサイトURL: http://www.disc.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング