県立広島病院が監修した「健康弁当」をローソンで期間限定・エリア限定発売!

PR TIMES / 2013年9月17日 17時53分

「県民の疾病予防や健康づくり」をコンセプトに大手コンビニとのコラボが初めて実現

広島県では民間企業と包括連携協定を締結し、県民の疾病予防や健康づくりを推進しています。
この取り組みの一環で、協定を締結している株式会社ローソンとポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社と連携し、県立広島病院が初めて監修した「健康弁当」が9月24日(火)にローソンから発売されることになりました。




今回発売する弁当は、県立広島病院の医師や管理栄養士の監修のもと、野菜をしっかり摂れ、1食当たり500kcal以下、食塩相当量が3g以下など、栄養バランスに配慮するのはもちろんのこと、特にこだわったのが、おいしさとボリューム感です。
単なる健康食ではなく、「食べておいしい」「食べ応えがある」ことが重要と考え、医師や管理栄養士が企画段階から強いこだわりを持って開発に携わり、味付けや低カロリーに仕上げる調理方法などを追求しました。

また、生産量が全国一の瀬戸内広島レモンの果汁を使用した「ジュレ風レモンソース」を使用しています。
大手コンビニチェーンから公的医療機関が監修したお弁当が発売されるのは全国初となります。(県立病院課調べ)


■ 発売経緯
広島県とローソンが平成24年7月12日に包括連携協定を締結。県立広島病院内でローソン店舗が営業していることもあり、県民の疾病予防や健康づくりに対する取組として、病院食などを日常的に研究している県立広島病院の医師や管理栄養士が監修して「健康弁当」を発売することになりました。

■ 商品概要
商 品 名:県立広島病院監修「七穀米ごはんとチキンカツ弁当」
販売期間:9月24日(火)~10月7日(月)(2週間)
販売予定数:20,000個
販売地域:広島・岡山県内全域と山口県と島根県の一部店舗を除くローソン414店舗
売  価:590円(税込)

■ 試食会の開催
本日、県知事室で試食会を開催しました。
日 時:9月17日(火) 14時~14時30分
場 所:県庁本館2階 知事室
出席者:広島県知事 湯 崎 英 彦
     (株)ローソン 中四国ローソン支社長 清 水 俊 英
     ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)中四国支社長 遠 藤 毅
     病院事業管理者、県立広島病院長、県立広島病院管理栄養士 ほか


<本件に関するお問い合わせ>
 広島県病院事業局県立病院課 担当:内藤 TEL:082-513-3235

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング