【鴨川シーワールド】「海亀の浜」に保護されたアカウミガメの卵がふ化 ~今年最初の子ガメが海へ旅立ちました~

PR TIMES / 2014年8月18日 12時20分

「海亀の浜」に保護されたアカウミガメの卵がふ化
今年最初の子ガメが海へ旅立ちました




 株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都中央区、代表取締役社長:須田貞則)の基幹施設である、鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:荒井一利)では、8月15日(金)に「海亀の浜」で保護していたアカウミガメの卵から子ガメがふ化し、海へと旅立ちました。

 鴨川シーワールドでは、ふ化に適さない場所に産卵されたウミガメの卵を展示施設「海亀の浜」に保護収容し、生まれた子ガメは人の手を介さず海に放流しています。今回、海に旅立ったアカウミガメの子ガメは、鴨川シーワールドの目の前の東条海岸で6月20日に産卵が確認された卵から孵化したもので、産卵場所が波打ち際に近く、波をかぶる危険性が高かったため、台風8号の接近の際「海亀の浜」に保護されました。

 8月13日の朝、卵を埋めた砂の表面にくぼみが現れ、飼育係員が観察を続けたところ、8月15日午後9時00分に砂の中から這い出してきた最初の子ガメの姿を確認し、30分後には次々と子ガメたちが姿を現しました。子ガメたちはその後「海亀の浜」から東条海岸にのばした飼育係員特設の橋を自力で渡り、砂浜を歩き波間に姿を消していきました。

 東条海岸では毎年アカウミガメが産卵のために上陸し、今年も5回の産卵が確認されました。今後も次々と子ガメが誕生し、旅立っていくものと思われ、引き続き観察をしていきたいと考えています。

-----------------------
■鴨川シーワールド概要
-----------------------
名称:鴨川シーワールド
所在地:〒296-0041千葉県鴨川市東町1464-18
TEL:04-7093-4803
開業:1970年10月1日
開園時間:午前9:00~午後5:00 (冬期の一部期間は午後4時閉園)
休館日:不定休
入園料:大人¥2,800、小人(4歳~中学生)¥1,400、
学生(高校・大学・専門学校生)¥2,200、65歳以上の方¥2,100
アクセス:車:館山自動車道君津I.C.より約35km、JR:東京駅から約2時間、
アクアライン高速バス:東京駅から約2時間
URL:http://www.kamogawa-seaworld.jp
Facebook:https://www.facebook.com/kamosea    
Twitter:https://twitter.com/kamoseaOfficial

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング