アルテラ、Stratix 10 FPGA & SoCのコア性能を2倍に向上

PR TIMES / 2014年5月7日 12時49分

・新しい「HyperFlex」アーキテクチャと、インテルの14nmトライゲート・プロセス技術により、卓越した性能向上を実現



プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:ハンス・チュアン、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ)は、米国時間5月5日、Stratix(R) 10 FPGA & SoCが、お客様のデザインにおいて、従来世代の高性能プログラマブル・デバイスと比較して、予測コア性能が2倍に向上していることを発表しました。

アルテラは、早期アクセス・プログラムに参加している、複数の市場のお客様と緊密に協力して、Stratix10 FPGAの性能評価ツールを使った、次世代デザインのベンチマーク評価を実施しました。お客様が体験したFPGAコア性能の著しい向上は、インテルの14nmトライゲート・プロセス技術と画期的なStratix 10 HyperFlex(TM)アーキテクチャによるものです。

HyperFlex は、Stratix 10 FPGAデバイス向けのアルテラの次世代コア・ファブリック・アーキテクチャで、過去10年以上にわたるFPGA業界におけるアーキテクチャの技術革新の中で、最も大きな進歩であり、従来のFPGAアーキテクチャでは不可能だったアプリケーションを実現します。Stratix 10 FPGA & SoCとHyperFlexアーキテクチャにより、ネットワーキング、通信、放送、防衛、およびコンピュータ&ストレージ市場において、最も先進的かつ高い性能が求められるアプリケーションの要件を満たすことができるようになります。

早期アクセス・プログラムに参加しているお客様は、Stratix 10デバイスがもたらす性能向上を、自らの目で体験しています。Stratix 10 FPGAの早期アクセス・プログラムを通じて、アルテラは何社ものお客様と協力して、Stratix 10 FPGA向けに製造された性能評価ツールを利用して、お客様の既存デザインを動作させています。お客様のデザインは、広範なアプリケーションをターゲットにしており、ASIC代替、従来の高性能FPGA通信、高スループット・データセンターおよびコンピュータを含む、さまざまなハードウェア・デザインのアプローチを活用しました。すべてのケースで、お客様デザインにおいて少なくとも2倍の性能向上を達成しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング