反射材を使用した自宅周りの安全対策商品を販売!~住友スリーエムの法人向け商品を個人向けにe-JAFShopで販売~

PR TIMES / 2012年4月13日 19時27分



JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 田中節夫)は、住友スリーエム株式会社(代表取締役社長 三村浩一)と提携し、反射材を利用した交通安全対策製品の販売を開始します。JAFでの販売は4月13日からJAFの通信販売サイト「e-JAFShop」にて行われます。
JAFでは、この度、住友スリーエム(株)が法人向けに販売している商品の中から、個人ユーザーが自宅周りの安全対策に使用できる反射材商品を選び、お買い求めやすい形で販売することとしました。また、お子様向けにランドセル等に貼付可能な反射ステッカーなどもご用意しました。
節電対策として街路灯や防犯灯の消灯が続くことが予想されます。暗い夜道では、反射材を使うことで歩行者や自転車のドライバーからの視認性を高めることができます。JAFでは、個人ユーザーに利用しやすい反射材アイテムを提供し、安全対策としてご活用いただきたいと考えています。
また、今後も夜間の交通安全に効果的な反射材の活用を啓発していくとともに、ニーズにマッチした商品企画を展開し、皆様により安全で快適なカーライフを提案していきます。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング