世界のレジェンド、トム・ワトソンが契約するアダムスゴルフに 将来を嘱望される若手女子3選手が新たに加入!

PR TIMES / 2013年3月5日 19時11分

~米国男子ツアー使用率No.1ハイブリッドクラブを武器にツアーに参戦~

テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:菱沼信夫) が展開するアダムスゴルフ事業部ではこの度、将来を嘱望される若手女子プロゴルファーである竹村真琴(たけむらまこと)、米澤有(よねざわゆう)、オナリン・サタヤバンポットの3選手と用具提供契約を締結。2013年度より「アダムスゴルフ」の契約プロとして、米国男子ツアー使用率NO.1のハイブリッドクラブを使用してツアーに参戦します。



今回契約した3選手は、日本人のアダムスゴルフ契約第1号であるジャンボ尾崎に続いて、同ブランドと契約。アダムスゴルフが新たに発表したヘッドに搭載された上下の溝が特徴の『Idea SUPER LS ハイブリッド』を武器にツアーに参戦していきます。

テーラーメイド ゴルフ株式会社では今回の契約締結に伴い、将来を嘱望される3選手にアダムスゴルフのハイブリッドクラブをはじめ、革新的な製品を通じて全面的にサポートしていきます。

竹村真琴(22歳)
2009年にプロテストに出場し、一発合格。すでに多くのファンから支持を受けており、将来的に女子ツアー人気を支える存在となる可能性を秘める若手女子プロゴルファーです。今回の用具提供契約に伴い、竹村真琴は次のように述べています。「私がクラブセッティングを考えるとき、これまでもハイブリッドはとても大事なクラブで、欠かせないアイテムでした。アメリカツアーでも高い評価を受けていると聞いているアダムスのクラブを使えるようになったのは、とても楽しみです。このクラブとともに、2013年も良い成績を収められるように頑張ります。」

米澤有(23歳)
2012年のプロテストで通算2オーバーの12位で見事に合格し、プロに転向。身長167cmという恵まれた体格から、今最も注目の女子プロゴルファーです。今回の用具提供契約に伴い、米澤有は次のように述べています。「アダムスのクラブは以前使用する機会があり、フィーリングが気に入っていました。ロゴも大きめなイメージがありインパクトがあるところがとても好きです。今年はアダムスを味方につけ、ツアーで活躍できるよう頑張ります。」

オナリン・サタヤバンポット(29歳)
18歳で米国女子ツアー参戦を目指し渡米。2006年にプロ転向を果たすと翌2007年には下部ツアーで初タイトルを手にしました。その後、日本ツアー参戦を決意し、2011年のプロテストをトップ通過。今回の用具提供契約に伴い、オナリン・サタヤバンポットは次のように述べています。「アメリカの大学に行っていた頃から、アダムスのクラブの事はよく知っていたので、アダムスのクラブを使う事が出来るようになり、とても嬉しいです。QTの成績で、ほぼ全試合出られることになったので、アダムスの選手として頑張ります。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング