【調査リリース】withコロナで変化する消費者意識を調査 増えた在宅時間を有意義に活用したい「自粛ポジティブ派」が約7割に

PR TIMES / 2020年9月8日 12時15分

◆「在宅時間を有意義に使いたい」が約7割。情報収集時間も増加傾向
◆在宅時間が増えて興味をもったこと 1位は「断捨離」、2位に「筋トレ・ストレッチ」
◆情報収集媒体は多様化。「投資」はネットの専門サイト、「筋トレ」は動画サイトから



インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女10,003人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大前後での在宅時間の増減と、在宅時間増加による行動や意識変化をアンケートにて調査しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/7396/104/resize/d7396-104-297633-0.png ]



[表: https://prtimes.jp/data/corp/7396/table/104_1.jpg ]



◆「在宅時間を有意義に使いたい」が約7割。情報収集時間も増加傾向
“新型コロナウイルス感染拡大前(2020年2月頃)に比べ、在宅時間はどのように変化したのか“を聴取したところ、「増えた」が41.7%、「やや増えた」が26.8%となり、全体の約70%の人に在宅時間の増加がみられました。リモートワーク推奨や2020年4月に発令された緊急事態宣言による外出自粛などの影響と考えられます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/7396/104/resize/d7396-104-488418-1.png ]



また、在宅時間が増えたと回答した人に対して、意識や行動の変化をたずねました。「在宅時間を有意義に使いたいと思うようになった」については、「あてはまる」と「ややあてはまる」を合わせて、約7割(65.6%)の人に意識変化が起きており、「在宅時間が増える前よりも情報収集の時間が増えた」(54.8%)も半数以上の人が実感していました。「家族と過ごす時間をもっと大切にしたいと思うようになった」が48.2%、「働き方や自分の将来について見つめなおすようになった」は46.5%と、外出自粛の制約の中でも、増加した在宅時間を前向きに活用したいと考えている様子がうかがえます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/7396/104/resize/d7396-104-713585-2.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/7396/104/resize/d7396-104-942174-3.png ]



◆在宅時間が増えて興味をもったこと 1位は「断捨離」、2位に「筋トレ・ストレッチ」
在宅時間が増えたことをきっかけに、消費者はどのようなことに興味・関心を持ち、有意義に過ごしたいと思うようになったのでしょうか。アンケート調査では、在宅時間が増えて関心をもったことについて、1位「部屋や家の掃除・断捨離」、2位「自宅でできる運動(筋トレ・ストレッチなど)」、3位「料理・自炊」という結果になりました。これらは、「在宅時間が増えて実践したこと」でも同様に、上位3つを占めています。
また、関心を持ったこと・実践したことの4位には「資格取得・勉強」が入り、「投資」も双方で上位にあがっています。コロナ禍で先行き不透明感が増す中でも、将来に備えた『自分磨き』や、マネー・投資への関心の高まりがみられました。

[画像5: https://prtimes.jp/i/7396/104/resize/d7396-104-839752-4.png ]



◆男性は「投資」や「資格取得・勉強」、女性は「ハンドメイド」「部屋の模様替え」に意欲
さらに、在宅時間が増えて実践したことを男女別に見てみたところ、男女ともトップ3は運動、断捨離、料理と同じ項目があがりましたが、男性は「投資」「資格取得・勉強」、女性は「裁縫・ハンドメイド」「部屋の模様替え」が5位以内に入りました。未来への投資に積極的な男性と、身の回りの生活に彩りを加えたい女性、という特徴の一面があらわれています。

[画像6: https://prtimes.jp/i/7396/104/resize/d7396-104-786977-5.png ]



◆「投資」はネットで、「筋トレ・ストレッチ」はYouTubeなど動画サイトで情報収集
在宅時間が増えたことをきっかけに実践したことに関して、どのような媒体で情報収集をおこなったかについて調査しました。下図は、情報収集媒体を利用した割合が高い順に並べています。
[画像7: https://prtimes.jp/i/7396/104/resize/d7396-104-507597-6.png ]


※16種類の媒体(その他を除く)について聴取し、ヴァリューズ独自に媒体を分類


「オンラインセミナー参加」、「投資」は、情報収集媒体の利用割合が9割を超えています。媒体の内訳をみると、「オンラインセミナー」はメールマガジン、「投資」はネットの専門サイトの利用率が高くなっていました。
また、「自宅でできる運動(筋トレ・ストレッチ)」に関しては、YouTubeなどの動画サイトにアップされているトレーニング動画、「自宅でできる美容(脱毛・スキンケアなど)」ではSNS(特にInstagram)での投稿などが参考にされているようです。外出自粛の中でも「ガーデニング・家庭菜園」は店頭での情報収集がおこなわれていたり、実践内容によって、情報収集の手段も多様化していることがわかりました。


本調査は、年代別や地域別など詳細なクロス集計データもご用意しております。
ご興味のお持ちの方は、ぜひお問い合わせください。
https://www.valuesccg.com/inquiry/


◆株式会社ヴァリューズについて
株式会社ヴァリューズは、マーケティングノウハウとIT先端技術を活用して、新たな市場価値の創造をサポートする、事業成長支援企業です。30万人規模の一般インターネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を活用した次世代マーケティング手法「VALUES eMark+」(ヴァリューズ イーマークプラス)サービス提供のほか、経営課題のコンサルティングから、課題解決、販売促進の支援まで、独自のノウハウとソリューションで多くの企業を支援しています。

所在地 : 東京都港区赤坂2-19-4 FORUM赤坂5F
代表者 : 代表取締役社長 辻本 秀幸
事業内容: 経営に関するコンサルティング及び成長支援事業
      インターネット行動ログ分析事業 (ビッグデータ解析事業)
      IT先端技術を駆使した”売れる仕組み”構築事業
設立  : 2009年9月30日
資本金 : 1億円
URL  : https://www.valuesccg.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング