2013年 新成人に関する調査(マクロミル)

PR TIMES / 2013年1月8日 13時44分

インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、
2013年に成人式を迎える全国の新成人を対象に、「2013年 新成人に関する調査」を実施いたしました。
調査手法はインターネットリサーチ。
調査期間は2012年12月20日(木)~12月21日(金)。
有効回答数は500名から得られました。




■ これからの日本の政治に「期待できる」24%、「期待できない」76%
■  “自分の未来”は「明るい」と思う51%、昨年より14ポイント減
■ 将来希望する職業、1位「公務員」、2位「技術系の会社員」
■ 新成人の交友実態 友達の人数「10~20人未満」が21%で最多、
  一方で「友達がいない」人も12%


====================================================================
■これからの日本の政治に「期待できる」24%、「期待できない」76%
====================================================================

 2013年に成人式を迎える新成人に、これからの日本の政治にどの程度期待できるか尋ねたところ、
「期待できる(期待できる+どちらかといえば期待できる)」と回答した人は24%となりました。
一方、「期待できない(期待できない+どちらかといえば期待できない)」と回答した人は76%でした。
これからの日本の政治に期待できると回答した理由を具体的に尋ねたところ、
‘政権交代したから’‘経済政策が期待できるから’といった意見が散見されました。
また、期待できないと回答した理由としては、
‘総理大臣が次々と代わるから’‘政党が乱立し過ぎているから’‘公約を実現することができないから’
という意見が多々見受けられました。
 
====================================================================
■“自分の未来”は「明るい」と思う51%、昨年より14ポイント減
====================================================================

 「自分の未来」についてどう考えているか尋ねたところ、
「明るいと思う(明るいと思う+どちらかといえば明るいと思う)」と回答した人は51%となりました。
一方、「暗いと思う(暗いと思う+どちらかといえば暗いと思う)」と回答した人は49%でした。
2012年の調査と比較すると、「明るいと思う(明るいと思う+どちらかといえば、明るいと思う)」
と回答した人は14ポイント下降しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング