フィリピン台風 ユニセフとWHO 大規模予防接種キャンペーン タクロバンの子ども3万人以上に

PR TIMES / 2013年11月27日 18時19分

台風30号により最も甚大な被害を受けたタクロバンで、26日、はしかとポリオの予防接種キャンペーンが
始まりました。



・本信は、ユニセフ発表の情報に基づき、日本ユニセフ協会が編集したものです
・原文(英語)は、http://www.unicef.org/media/media_71017.htmlでご覧いただけます

【2013年11月26日 タクロバン/マニラ発】

台風30号により最も甚大な被害を受けたタクロバンで、26日、はしかとポリオの予防接種キャンペーンが
始まりました。この大規模なキャンペーンは、フィリピン政府が、ユニセフとWHO(世界保健機構)を
はじめとする諸団体の支援を受け展開します。予防接種とあわせ、子どもたちには、感染症に対する免疫を
向上させるビタミンAの投与も実施されます。

今回対象となるのは、3万人を超える子どもたち。各地の避難所や地域の中に設置された拠点での予防接種
に加え、保健専門家のチームが様々な場所を訪問しながら、予防接種活動を行います。

この予防接種キャンペーンは、今回のタクロバンを皮切りに、5歳未満の子どもたちを対象に全ての被災地
で展開されます。フィリピン政府保健省や現地の赤十字はじめ、多くのNGOから派遣されたボランティアを
含む方々で編成された15チームが、タクロバン市内全域に散らばり、26日、予防接種活動をスタート。
300家族以上が身を寄せ、感染症のリスクが高まっていたサンノゼ小学校をはじめ20か所の避難所にいる
子どもたちが、この日、最初に予防接種を受けました。

タクロバンで支援活動にあたるユニセフのアンジェラ・カーニー緊急支援調整官は、「タクロバンの
子どもたちは、今、可能な限りの保護を必要としています。感染症は、音も立てずに忍び寄る猛獣の
ようなものです。感染症を予防できる手段はあります。これからも、できる限りのことをしていきます」
と話します。

フィリピン政府の要請を受け、ユニセフは、今回のキャンペーンに急遽“動員”したワクチンの国内備蓄分
を補充するため、200万米ドル相当のワクチンを調達しました。また、これと並行し、WHOと協力しながら、
コールドチェーン(ワクチンを適切な温度で保ちながら輸送する物流システム)の復旧を急いでいます。

「WHOとユニセフのスタッフが、マニラからタクロバンまで予防接種のために必要な物資を手荷物で運び
ました。このチームは、災害発生後の困難な状況の中でも、ワクチンを運搬し、予防接種を実施する
訓練を受けています。これほどの規模の災害、被害状況、さらにはロジスティック(物流)面での困難な
状況を考えると、災害発生後2週間ほどしかたっていないこの時期に、これほどの大規模な予防接種
キャンペーンが開始できたことは、これまでに例がありません」と、WHOフィリピン事務所の
ジュリー・ホール代表は語ります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング