フィリピン台風 ユニセフとWHO 大規模予防接種キャンペーン タクロバンの子ども3万人以上に

PR TIMES / 2013年11月27日 18時19分

台風30号により最も甚大な被害を受けたタクロバンで、26日、はしかとポリオの予防接種キャンペーンが
始まりました。



・本信は、ユニセフ発表の情報に基づき、日本ユニセフ協会が編集したものです
・原文(英語)は、http://www.unicef.org/media/media_71017.htmlでご覧いただけます

【2013年11月26日 タクロバン/マニラ発】

台風30号により最も甚大な被害を受けたタクロバンで、26日、はしかとポリオの予防接種キャンペーンが
始まりました。この大規模なキャンペーンは、フィリピン政府が、ユニセフとWHO(世界保健機構)を
はじめとする諸団体の支援を受け展開します。予防接種とあわせ、子どもたちには、感染症に対する免疫を
向上させるビタミンAの投与も実施されます。

今回対象となるのは、3万人を超える子どもたち。各地の避難所や地域の中に設置された拠点での予防接種
に加え、保健専門家のチームが様々な場所を訪問しながら、予防接種活動を行います。

この予防接種キャンペーンは、今回のタクロバンを皮切りに、5歳未満の子どもたちを対象に全ての被災地
で展開されます。フィリピン政府保健省や現地の赤十字はじめ、多くのNGOから派遣されたボランティアを
含む方々で編成された15チームが、タクロバン市内全域に散らばり、26日、予防接種活動をスタート。
300家族以上が身を寄せ、感染症のリスクが高まっていたサンノゼ小学校をはじめ20か所の避難所にいる
子どもたちが、この日、最初に予防接種を受けました。

タクロバンで支援活動にあたるユニセフのアンジェラ・カーニー緊急支援調整官は、「タクロバンの
子どもたちは、今、可能な限りの保護を必要としています。感染症は、音も立てずに忍び寄る猛獣の
ようなものです。感染症を予防できる手段はあります。これからも、できる限りのことをしていきます」
と話します。

フィリピン政府の要請を受け、ユニセフは、今回のキャンペーンに急遽“動員”したワクチンの国内備蓄分
を補充するため、200万米ドル相当のワクチンを調達しました。また、これと並行し、WHOと協力しながら、
コールドチェーン(ワクチンを適切な温度で保ちながら輸送する物流システム)の復旧を急いでいます。

「WHOとユニセフのスタッフが、マニラからタクロバンまで予防接種のために必要な物資を手荷物で運び
ました。このチームは、災害発生後の困難な状況の中でも、ワクチンを運搬し、予防接種を実施する
訓練を受けています。これほどの規模の災害、被害状況、さらにはロジスティック(物流)面での困難な
状況を考えると、災害発生後2週間ほどしかたっていないこの時期に、これほどの大規模な予防接種
キャンペーンが開始できたことは、これまでに例がありません」と、WHOフィリピン事務所の
ジュリー・ホール代表は語ります。

今月20日、135万人の子どもたちが栄養不良の危機に直面していることが明らかにされたことも受け、
この予防接種キャンペーンでは、接種を受けた子どもたちの二の腕の太さも計測。栄養不良で治療の
必要がないかのチェックも行っています。


                     ***

※ フィリピン事務所の穂積代表や応援派遣されている根本巳欧緊急専門官はじめ、
現地スタッフへのご取材をご希望の方は、以下まで直接お問い合わせ・お申込みください。

Zafrin Chowdhury, ユニセフ・フィリピン事務所(在タクロバン)
Tel:+632 901 01 77, Mobile: +63 917 867 8366, Eメール:zafrinchowdhury@gmail.com

Kent Page, ユニセフ・フィリピン事務所(在タクロバン)
Tel +63-929-768-2367, Tel: +1-917-302-1735, Eメール: kpage@unicef.org

Denise Shepherd-Johnson, ユニセフ・フィリピン事務所(在マニラ)
Tel: +632 901 01 73, Mobile: +62 917 858 9447, Eメール:mfrancia@unicef.org


                     ***
                 募金告知ご協力のお願い
       ご協力ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。


  ユニセフ「フィリピン台風緊急募金」
  ■郵便局(ゆうちょ銀行)募金口座
  振替口座:00190-5-31000
  口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会
  ※通信欄に「フィリピン台風」と明記願います。
  ※窓口での振り込みの場合は、送金手数料が免除されます。

  ■三井住友銀行募金口座
  支店名: 三井住友銀行東京公務部 
  口座番号:普通預金 162609
  口座名: 日本ユニセフ協会 緊急募金口2  
  ※期間:2013年11月13日(水)~ 2014年2月28日(金)
  ※コンビニATMや他行からの振込み手数料等については対象外となります。

  ■募金に関する一般お問い合わせ
  フリーダイアル 0120-88-1052(平日9時~18時)


■本プレスリリースに関するお問い合わせ
(公財)日本ユニセフ協会 広報室
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036 jcuinfo@unicef.or.jp 

■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために
活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、その理念を様々な形で
具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に重点を置きながら、
世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。(www.unicef.org)

※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する36の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの任意拠出金で
支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、
日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動の広報、募金活動、
政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング