世界初!HomeKit対応BLEモジュールを開発 ~ HomeKitに対応するBLEモジュールを他社に先駆け全世界に提供 ~

PR TIMES / 2014年12月24日 13時9分

アプリックスIPホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:郡山龍、以下「アプリックス」)は、米国Apple社がiOS 8から搭載した家電機器を操作するためのスマートホーム規格であるHomeKitに世界で初めて対応したBluetooth(R) Low Energy(以下「BLE」)モジュールを開発し、2015年から全世界の家電メーカー様に向けて提供を開始することを発表いたします。



これまで、HomeKit対応製品として発表されている他社製品は、通信方式にWi-Fiのみを使った製品、あるいはiPhone、iPadなどとWi-Fiで接続したアクセサリ機器がZigBeeなどの他通信方式で家電機器と接続するブリッジと呼ばれる方式を採用しています。しかし、これらの方式では、通信セットアップの手間、消費電力、調達費用面などの課題が挙げられていました。

アプリックスが新たに開発したHomeKitに対応するBLEモジュールは、モジュール単独で機器のセットアップ、操作権限の管理(ユーザー管理)、複数機器の一括操作、時間指定での操作予約、Siriを使った家電の操作、高度なセキュリティが求められる電子錠など、すべてのHomeKit機能を実現します。さらに、アプリックスのモジュールが搭載された製品の操作アプリケーションは、Apple社が標準で用意している開発環境を使った開発が可能です。また、BLEの特徴である低消費電力はLED照明器具のようなエコ商品に最適なだけでなく、電池をつかった製品にも適用可能です。

すでにアプリックスでは、BLEを使って家電機器や健康機器、フィットネス機器、玩具などのあらゆる機器とスマートフォンとを繋げる技術を開発し、利用者のライフスタイルに沿って生活をより便利に、豊かに、快適にする製品を提供しております。たとえば、家電製品にBLEモジュールを組み込むことで、コーヒーのドリップが完了したことや加湿器の水切れなどを利用者のスマートフォンに知らせたり、あるいは浄水器やウォーターサーバーなどに組み込んで、フィルターなどの交換を通知するだけでなく、スマートフォンから簡単に補充発注できるソリューションを提供することで、サプライ商品の継続的な販売に繋げる仕組みを提供しております。

アプリックスでは、これまで培ってきた高いソフトウェア開発技術力と先進性をもとに、他社に先駆けていち早くHomeKitに対応するBLEモジュールを、家電メーカー様などに向けて販売していくことで、市場の拡大と事業基盤の拡大に努めてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング