若年層へ職場実習を支援し正社員雇用を促進

PR TIMES / 2014年4月16日 9時53分

- 財団法人東京しごと財団から「若者正社員チャレンジ事業」を受託 -



[2014年4月15日 東京]
世界最大の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:奥村真介、以下「アデコ」)は、このたび、公益財団法人東京しごと財団が実施する「若者正社員チャレンジ事業」を受託しました。本事業は、29歳以下の若年層を対象に、企業での実習を通じて働くことに必要なノウハウを習得していただくものです。企業実習を経てスキルアップした方々は、その後、職業紹介を通じて正社員としての就職を目指します。

本事業では、大学、短大、高校、専修学校等を卒業後3年以上経過した29歳以下の求職者の方を対象に、アデコが職種や業界研究などをテーマにした事前セミナーを実施します。その後、アデコの取引先企業を中心とした企業で20日間、現場実習を行います。なお、企業での実習後、実習先企業へ就職を希望する場合は、ハローワーク飯田橋を通じて面接、選考を受けることも可能です。

実習生の受け入れ企業には、費用負担はなく、実習期間に応じて受入準備金として1人当たり日額6千円、さらに実習終了後、実習生を採用した場合※1、1人当たり15万円が東京しごと財団より企業へ支給されるため、企業の若手人材の雇用促進にも繋がります。

なお、実習生へは、日額5千円の奨励金が支給されます。本事業では、働く意欲や自分に合った仕事を見つけ就業意識を醸成させることで、正社員への雇用を目指すものです。実習中は、実習生の不安や悩みを払拭できるよう、アデコの担当者がサポートします。

※1)6カ月以上の継続雇用の場合に該当します。
※2)求人申し込みは、所管のハローワークになります。

アデコは人財サービスのグローバルリーダーとして、雇用創出を重要な課題と捉えており、その取り組みとして、若年層の就職支援を重点的に行っています。また、2010年より各地方自治体が実施する若年層向け就業支援事業に積極的に取り組み、これまでに3000名以上の未就業の若年層を支援した実績を築いています。長年にわたり培った若年層向けの就業支援のノウハウを最大限に活かすことで、東京都内の就業率の向上と中小企業の発展に貢献してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング