合格祈願に関する調査 高校・大学受験時に合格祈願をした神社 太宰府天満宮が全国で最多! 

PR TIMES / 2014年12月17日 17時29分

関東エリアでは湯島天神がトップ 全国7エリアの人気神社を特設サイトにて公開 auの4G LTE(800MHz) は全国のTOP100の人気神社でもLTEが“落ちにくい”

 KDDI株式会社は、全国の34歳以下の男女30,000名を対象に、合格祈願に関する調査を行いました。高校・大学受験時に合格祈願をした神社ランキング(全国及びエリア別)や、都道府県別の神頼みの傾向など、合格祈願の実態について調査結果をお知らせします。
 また、全国の人気神社上位100箇所においてLTEの通信状況を調査したところ、 KDDI(au)のネットワークは、全ての神社でLTEから3Gに変わらずに(落ちずに)で通信することが可能でした。
 auは“落ちにくい” LTEネットワークで受験生の皆さんを応援します。




1.全国で最も多くの受験生が合格祈願をしたのは太宰府天満宮。関東では湯島天神がトップ。

高校・大学受験時に最も多くの人が合格祈願をしたのは太宰府天満宮(福岡県、698票)が全国で最多。
関東では湯島天神がトップ(東京都、255票)。
関西エリアでは北野天満宮(京都府、461票)、中部エリアでは善光寺(長野県、91票)が最多。
全国の人気神社ランキングTOP100及び、各エリアの人気神社TOP15を特設サイトにて公開。
特設サイトURL= http://www.au.kddi.com/pr/lp/gokakukigan/


2.都道府県別 合格祈願の神頼みを行った割合、最も高かったのは徳島県で約7割。
  “西高東低”の傾向が明らかに。


合格祈願の神頼みを行った(「合格祈願に訪れた」もしくは「合格祈願のお守りをもらった」)割合が
最も高かったのは徳島県(69.2%)
2位以下は広島県(64.6%) 、京都府(64.1%) 、福岡県(63.8%)
最も低かったのは沖縄県(45.5%)、次いで青森県(48.8%)、群馬県(52.7%)
合格祈願の神頼みを行った割合が高い地域は西日本に多く、東日本に少ない、“西高東低”の傾向。


3.人気大学に合格した人が最も合格祈願をしていたのは北野天満宮。


国立・公立・私立の各人気大学トップ10(JSコーポレーション調べ ※12月10日集計)にランクインした
30の人気大学に在籍中、もしくは卒業した人302人のうち、最多く合格祈願をしたのは北野天満宮(京都府、75票)
2位以下は太宰府天満宮(福岡県、69票)、湯島天神(東京都、55票)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング