企業のデジタルマーケティング支援ソリューションの提供について

PR TIMES / 2014年12月3日 15時34分

~オフラインデータを活用し、オウンドメディアの強化を支援~

データ分析および関連サービスを提供する株式会社ブレインパッド(以下「ブレインパッド」)とソフトバンクグループで企業のデジタルマーケティングを支援する株式会社ジェネレイト(以下「ジェネレイト」)およびソフトバンクテレコム株式会社(以下「ソフトバンクテレコム」)は、企業の効果的なデジタルマーケティングの支援サービスで協業し、各社の持つデータ分析機能やレコメンド機能を組み合わせた新しいデジタルマーケティング支援ソリューションの提供を、2014年12月3日から開始します。



 ブレインパッドは、最適化技術による独自のアルゴリズムからウェブサイト訪問者一人ひとりへ最適な情報提供(レコメンデーション)を実現するWebプラットフォーム/レコメンドエンジン「Rtoaster(アールトースター)」(*1)を提供しており、多彩な機能で広告・ウェブサイト・メールなどさまざまなシーンで顧客とのコミュニケーションを高度かつ精緻化する手段として活用されています。

 ソフトバンクテレコムは、実店舗に設置・運用するクーポン発券機(クーポンゲート)を使ったO2Oサービス「ウルトラ集客」を2012年から展開しており、ウェブサイトでの大量の告知で商品やブランドの認知と関心を高めるとともに、キャンペーン告知と特典を受け取るクーポンなどをメールに送信することで、ネットから実店舗への誘導を実現しています。またジェネレイトは、キャンペーン履歴やアクセスログなどのオンラインデータのみならず、リアル店舗における来店情報やPOSデータなどの購買履歴といったオフラインデータなど、さまざまなデータを取り込み統合管理することにより、データから導き出された仮説に基づく効果的なキャンペーンを実施し、企業のマーケティング活動におけるROI(Return On Investment)の最適化を図ります。

 今回3社が協業することにより、「ウルトラ集客」を利用している企業の来店情報を統合管理するジェネレイトのデータプラットフォーム「GENERATE DMP」と、「Rtoaster」との連携が可能になります。この仕組みをベースにECサイト(オンライン)と店舗(オフライン)間の情報を統合したデータに、高度なレコメンド機能を組み合わせることで、効果的なデジタルマーケティング活動を支援するオムニチャネル環境の構築を安価に提供します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング