【プレスリリース】『子どもとエイズ第6次報告書発表』 12/1は「世界エイズデー」

PR TIMES / 2013年11月29日 12時32分

10代の子どもたちの感染防止が急務

ユニセフは、『子どもとエイズ:第6次報告書(Children and AIDS: Sixth stocktaking report)2013年』
を発表します。

※ 本信は、ユニセフと国連エイズ合同計画が合同で発表するものです
※ 本信は、ユニセフ本部から提供された情報を元に日本ユニセフ協会が編集・配信しています
※ 本信のオリジナル、本報告書(各国データを含む)、要約文ならびに映像・画像は、以下のサイトより
ご覧いただけます http://www.childrenandaids.org/


【2013年11月29日 ニューヨーク発】

ユニセフは、『子どもとエイズ:第6次報告書(Children and AIDS: Sixth stocktaking report)2013年』
を発表します。報告書では、HIVの母子感染予防では大きな進展があり、低中所得国で2005年から2012年
の間に、85万人の乳児がHIVに感染することなく誕生したことが明らかになりました。一方で、青少年期
(以下、10代と記載)の子どもたちに対する、HIV/エイズに関する世界的または国レベルでの取り組みが
急務であると警鐘を鳴らしています。


■エイズと共に生きる10代の子どもと亡くなる子どもは増加
10歳から19歳の青少年期の子どもたちで、エイズに関係する死亡は、7万1千人(2008年)から11万人
(2012年)と倍近く増加しています。母子感染の予防には大きな進展がうまれたものの、青少年期の
子どもたち210万人がHIVと共に生きています(2012年)。

報告書は、イノベーション(技術革新)への追加予算と新たな投資に伴い、多くの困難に打ち勝つことが
できたと述べています。2010年の投資総額は38億米ドル(約3,876億円※)でしたが、2014年までに
約55億米ドル(約5,610億円※)を投資することで、効果が高い取り組みが可能となり、2020年までに
200万人の10代の子ども、とりわけ女の子の新たなHIV感染を予防できるとしています。
※1米ドル=102円で換算


■複合的な取り組みが急務
アンソニー・レーク ユニセフ事務局長は「いくつもの取り組みをまとめたアプローチで効果の高い
取り組みを拡大すれば、2020年までに、10代の子どもたちの新たなHIV感染を半減することは可能です。
ただちに、最も感染の可能性が高い子どもたちに対し、効果の高いアプローチで取り組むことが重要です」
と述べています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング