最重要デザイナーたちが語る男性服の原点、そして未来。-VOGUE HOMMES JAPAN 最新号 3月10日発売-

PR TIMES / 2012年3月8日 10時33分



― ラフ・シモンズが語る、未来の男性服。
― エディ・スリマン監修、スタイルブック。
― キム・ジョーンズとバーバルが企む極秘プロジェクト。
― ニコラ・フォルミケッティのすべて。
http://www.voguehommes.jp/

『VOGUE HOMMES JAPAN(ヴォーグ オム ジャパン)』第8号
(3月10日発売)では、メンズファッションにおける「服」と「スタイル」
に着目しました。
ジルサンダー クリエイティブ・ディレクター辞任直前のラフ・シモンズ
への貴重なインタビュー取材や、イヴ・サンローランのクリエイティブ・
ディレクターに任命されたばかりのエディ・スリマン、渡辺淳弥、
本誌ファッション・ディレクターでもあるニコラ・フォルミケッティの
ロングインタビュー記事を掲載。

テリー・リチャードソン、マイルズ・アルドリッジ、エディ・スリマン
といった世界的フォトグラファーたちによる華麗なビジュアルのほか、
写真家ニコラ・フォルミケッティのデビューを飾る作品、2012-13年秋冬
コレクションの特大プレビューまで、メンズファッションの「原点」と
「未来」が凝縮された一冊です。

■ラフ・シモンズが語る、未来の男性服。
「ジルサンダー クリエイティブ・ディレクター辞任」のニュースが発表
される1ヵ月前。本誌はパリコレ直後のラフ・シモンズにロングインタビュー
取材を行いました。世界のファッションピープルが注目するベルギー人
デザイナーが、未来の男性服について深く語ってくれています。

■渡辺淳弥の「物」と呼びたくなる服作り。
メディアに登場する機会の少ない渡辺淳弥を、本誌編集長・渡辺三津子が
インタビュー。「自らがほしい服」を作り続けるという彼のメンズウェア
には、ウィメンズコレクションとは異なる「物」としての強さが内在する。

■自ら明かす、ニコラ・フォルミケッティのすべて。
本誌ファッション・ディレクターとしてだけでなく、ミュグレー、
ユニクロ、レディー・ガガなど、ボーダーを飛び越えてマルチに活躍する
ニコラ・フォルミケッティへ、100の質問を投げ掛けるスペシャル企画。
キャラクター「ニコパンダ」の誕生秘話、さらに、本号には彼自身が初めて
撮影したファッションストーリーも掲載!

■エディ・スリマン監修、スタイルブック。
イヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクターに任命されたばかりの
エディ・スリマン。その彼がロンドンを舞台に写真だけでなく、スタイリング
や誌面デザインまで、すべてにこだわり抜いたスペシャルなスタイルブックを
制作。彼自身が語る「スタイル論」とは?

■ルイ・ヴィトンのキム・ジョーンズと、バーバルが企む極秘プロジェクト。
世界中を飛び回るトップ・クリエイター二人が手掛けたバッジ形
音楽プレイヤー、PLAYBUTTON。ルイ・ヴィトンの最新「非売品」を独占公開
するとともに、本誌ウェブサイトからの申し込みで5名様にプレゼントします!

■その他の『VOGUE HOMMES JAPAN』 VOL. 8の特集内容は次の通りです。
・メンズウェアの未来を担う若き才能、アイター・スロープ。
・写真家、アンダース・エドストロームが撮影する、未来のクラシックピース。
・野口強やアリスター・マッキーなど、スタイリストが魅せるジャケットスタイル術。
・テリー・リチャードソンが撮影する、NYCボーイズストーリー。
・ファッションをも味方につけた新星ラッパー、A$AP ROCKY。
・リカルド・ティッシ、クリス・ヴァン・アッシュ……。デザイナー17人が語る、
2012-13年秋冬プレビュー。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング