アデコ、宮城県の高等学校に就職支援を実施

PR TIMES / 2014年4月23日 10時35分

-企業の情報収集・提供等を通じて、高校生の就職率向上を4年連続支援 -



[2014年4月23日 東京]
 世界最大※の人材サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人材サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:奥村真介、以下「アデコ」)は、この度、宮城県が実施する新規高卒者就職総合支援事業を受託しました。当事業では、宮城県内の高校生の就職内定率と定着率の向上を図ることを目的に、高校生向けの求人の開拓や、求人を出している企業情報の収集、各高校へ就職活動に役立つ情報の提供などの支援を行います。アデコは、当支援事業を2011年から実施しており、今回で4度目の受託となります。

 本事業では、高等学校の進路指導員の方々が、アデコが提供した情報を活用し、生徒へ助言をする際に役立てていただくと共に、各高等学校に対し、国や県が実施する各種助成制度の周知と利用の促進、高校生に対して企業や自治体が行う就職面接会などに積極的な参加を促す活動も行います。
 アデコは、宮城県内の約100の高等学校に対し、宮城県内と関東地方を中心とした企業情報(目標件数:600件以上)を提供すると共に、最適な企業と人財のマッチング支援などを行います。


 アデコでは、これまで長年にわたり若年層をはじめとする多様な求職者に対する就業支援を行ってまいりました。そのノウハウと実績を生かし、宮城県の高校生の就職支援に尽力してまいります。
※Staffing Industry Analysts 2013、人財サービス企業売上ランキングより。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング