BSIジャパン 国内第1号:日本興亜損保へカーボン・ニュートラルの検証実施

PR TIMES / 2012年3月26日 16時46分

環境省カーボン・ニュートラル認証制度で国内初の計画登録
-----------------------------------------------
 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下、BSI
ジャパン)は、環境省のカーボン・ニュートラル認証制度において、日本興亜損害保険
株式会社(東京都千代田区 取締役社長 二宮 雅也、以下、日本興亜損保)へ検証を
実施しました。この度、認証委員会で承認され、カーボン・ニュートラル認証制度による
国内第一号の計画登録となりました。
 カーボン・ニュートラル認証制度は、カーボン・ニュートラルの取り組みに関する信頼
性を構築するために、環境省の策定した「カーボン・ニュートラル認証基準」に基づき、
2011年9月15日に設立されました。カーボン・ニュートラルの取り組みが、環境省の認証
基準に基づいているかどうかを検証し、カーボン・ニュートラル認証ラベルが付与されま
す。
 カーボン・ニュートラル認証ラベルにより、信頼性の高い取り組みの普及を図り、事業
者等による温室効果ガス排出量の認識及び一層の削減努力を促進することを目的としてい
ます。
 BSIジャパンでは、この環境省が策定した「カーボン・ニュートラル認証基準」の参考
にもされた「PAS2060:カーボン・ニュートラルの実証のための仕様」を発行した機関と
して、カーボン・ニュートラルの検証業務をいち早く開始しています。
 そして今回、早くから自主的に取り組みを行っていた日本興亜損保に対して、カーボ
ン・ニュートラル認証制度における「計画登録」の検証を実施し、認証されました。

≪日本興亜損保の活動≫
 日本興亜損保では、2012年度までに“CO2排出ゼロ”を目指す「カーボンニュートラル
計画宣言」を2008年7月に発表し、取り組んでいました。活動の大きな特徴としては、
連結ベース(海外含む)、企業活動全般を対象とし、「スコープ3」と呼ばれる排出量に
は、従業員の出張・通勤/物流/社外サーバ等による排出を含め、広い範囲での活動をし
たところにあります。
 今回の「カーボン・ニュートラル計画登録」では、2012年4月1日~2013年3月31日
までの期間に、全国の338サイトで排出が予想される42,000t-CO2に対して、算定の
方法、手順及び管理の体制等が整備され、また、オフセットによりカーボン・ニュートラ
ルが実施可能であるかという観点で、検証を行いました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング