アルテラ、Quartus II 開発ソフトウェア v14.0をリリース ~業界最短のコンパイル時間を実現~

PR TIMES / 2014年7月1日 10時54分

コンパイル時間が最大4倍高速化、デザイン・イタレーションを加速

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:ハンス・チュアン、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ)は、米国時間6月30日 (日本時間:7月1日)、性能および生産性においてFPGA業界随一のソフトウェアである同社の「Quartus(R) II 開発ソフトウェア v14.0」をリリースしたことを発表しました。最も類似した競合製品と比べて、コンパイル時間を平均2倍高速化するこの最新バージョンの提供により、アルテラはFPGAおよびSoCデザイン向けソフトウェアのリーダー的地位を維持しています。

Quartus II 開発ソフトウェア v14.0により、ユーザーは生産性を高め、FPGAおよびSoCにおいて業界最速の設計収束を達成することが可能となります。最新版には、小規模なデザイン変更を行う際にコンパイル時間を最大4倍短縮するラピッド・リコンパイル機能、ならびにエンタープライズ・クラスの性能を提供するクラス最高水準のPCI Express(PCIe)IPソリューションが含まれています。さらに、Qsysシステム統合ツールでのAXI(TM)サポートの強化、ならびにアルテラ OpenCL向けSDKでは迅速なプロトタイピング・デザイン・フローにおいても、機能強化が図られています。

再設計されたラピッド・リコンパイル機能により、ユーザーはフル・コンパイルを行うよりはるかに短い時間で、小さなデザインの変更とリコンパイルを行うことができます。ラピッド・リコンパイル機能を使用することで、設計者はデザインが変更されていない部分の配置配線を維持しながら、合成前HDLの変更を最大3倍、またポストフィットSignalTap(R) II ロジック・アナライザの修正で最大4倍、コンパイル時間を短縮することができます。ラピッド・リコンパイル機能は現在、すべての28nm Cyclone(R) V、Arria(R) V、およびStratix(R) V FPGAでサポートされています。

アルテラは、FPGA業界最高性能のPCIeソリューションによって、クラス最高のIPポートフォリオをさらに強化しました。アルテラのクラス最高のPCIeソリューションは、アプリケーション性能を高め、最大6.7ギガバイト/秒の40万IOPS以上のスループットを提供します。当PCIeソリューションには、ダイレクト・メモリ・アクセス(DMA)エンジン、エンタープライズ・クラス・デバイス・ドライバ、評価およびデザイン統合プロセスを著しく簡素化するリファレンス・デザインを備えています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング