【プレスリリース】ケイティ・ペリー ユニセフ親善大使に任命/映像画像貸出し可能

PR TIMES / 2013年12月4日 14時13分

2013年12月3日、ニューヨークのユニセフ本部のスペシャルイベントで、世界的なポップスターの
ケイティ・ペリーがユニセフ親善大使に任命されました。



・本信は、ユニセフ発表の情報に基づき、日本ユニセフ協会が編集したものです
・原文(英語)は http://www.unicef.org/media/media_71241.html でご覧いただけます


【2013年12月3日ニューヨーク発】

2013年12月3日、ニューヨークのユニセフ本部のスペシャルイベントで、世界的なポップスターの
ケイティ・ペリーがユニセフ親善大使に任命されました。ユニセフが行う世界で最も厳しい状況に
置かれている子どもと若者のための取り組みに対し、特に若い世代の関心を高めることが、ケイティ・
ペリー親善大使に期待されています。


アンソニー・レーク ユニセフ事務局長は「ケイティ・ペリーさんはすでに子どもたちの“チャンピオン”
であり、ユニセフに代わって彼女が発する“ロアー(Roar:叫び)”を聞くのを楽しみにしています※。
ケイティ・ペリーさんをユニセフ親善大使に迎えられたこと、彼女のすばらしい歌声が世界中の子どもと
若者の声を広げるために使われることは、大変光栄です」と述べました。
※ヒット曲“Roar”の歌詞の一部(“I am a champion”)にかけたコメントです


ケイティ・ペリー親善大使には、若者たちが自らの生活で最も重要だと思う問題に意見を述べること、
問題解決により直接的に参加し、取り組んでいけるように、働きかけることが期待されています。特に、
深刻な貧困、暴力や虐待、育児放棄、緊急事態、紛争下など最も厳しい環境にある子どもたちへの関心を
高めていくことに、重点を置く予定です。


「若い人たちには、自分たちの生活を変える力があると信じています。ユニセフの親善大使になれて
光栄です。置かれている状況はそれぞれ異なりますが、子どもも若者も望むことは同じです。
それはより良い未来です。その実現のために、私にできることをしたいと思います」とケイティ・ペリー
親善大使は述べました。


今年4月には、世界最貧国の一つであるマダガスカルを訪問し、ユニセフの支援活動を視察したケイティ・
ペリー親善大使。この視察を通じて、世界中からマダガスカルの子どもたちへの関心を引き寄せました。
ユニセフ本部のYoutubeでは、彼女の曲“Unconditionally”とともに、訪問時の様子を12月3日より、
公開しています。 http://bit.ly/188ln9D

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング