コーポレートアイデンティティ(CI)を刷新 (マクロミル)

PR TIMES / 2013年3月4日 13時34分

経営理念を再定義し、コーポレートロゴのリニューアルを決定

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉、以下マクロミル)は、
今後の事業拡大と成長を見据えて創業期に策定した経営理念を再定義し、2001年より使用してきた
コーポレートロゴおよびタグラインを一新します。新ロゴは2013年4月1日より順次使用開始いたします。



1.コーポレートアイデンティティを刷新する背景

「ネットリサーチ」とともに成長
 マクロミルは創業期より「手軽で」「早くて」「品質の高い」ネットリサーチによって、
マーケティングリサーチビジネスにおける既成概念の変革をめざして事業を展開してまいりました。
まだ、市場調査においてインターネットを用いた調査がほとんど使われることのなかった時代に、
当社が先駆けて「ネットリサーチ」という言葉を用いて、データの品質や有用性の啓蒙を含めた
営業活動やPR活動を積極的に行ってきた結果、現在ではネットリサーチは市場調査において
もっとも使用される調査手法となり、マクロミルはその成長を牽引してきたと自負しております。
 
さらなる事業展開を見据えて
 しかし、マクロミルを支えてくださっている顧客からのマーケティングニーズはネットリサーチのみに
とどまらず、総合的なマーケティングリサーチニーズへと多様化が急速に進んでいます。
すでにマクロミルでもオフラインリサーチ(グループインタビュー、会場調査等)や消費者購買動向データのQPRなど、
総合マーケティング企業へ向けたサービスの拡充は進めておりますが、市場環境の変化も見据え、
さらに盤石な体制を築いてゆこうとしており、ネットリサーチ事業で得た利益を、次なる収益の柱を創る投資に充て、
「事業エリアの拡大(=グローバル展開)」と「事業ドメインの拡大(=新規事業の創出)」を進めてゆきます。


 そうした中で、全社一丸となって新たなステージへと踏み出してゆくために、
これまでの経営理念を再定義し、コーポレートロゴおよびタグラインをリニューアルすることとしました。


2.新経営理念について

ネットリサーチのみならずマーケティング領域全般において、新たなイノベーションを次々とおこしてゆく
マクロミルの意志を、経営理念に込め再定義いたしました。
 
■新経営理念
マクロミルの使命は、優れて進歩的なマーケティングサービスの提供をとおして、
社会において革新の先頭に立つことをめざすと同時に、私たちの信条において決して妥協せず成長することである。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング