フリースケール、家電や高信頼性のアプリケーション向けに、インダストリアル品質の32ビット・マイクロコントローラを発表

PR TIMES / 2013年8月1日 15時5分

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、ARM(R) Cortex(TM)-M0+プロセッサを搭載した業界初の5V電源32ビット・マイクロコントローラ「Kinetis(キネティス)Eシリーズ」を発表しました。この新しいKinetis E シリーズ・マイクロコントローラは、白物家電および産業アプリケーションなどにおいて8ビットおよび16ビットのマイクロコントローラに限定されていたシステムの電磁ノイズ耐性を備え、かつ優れたエネルギー効率とコード密度を実現します。

新しいKinetis Eシリーズ製品は、食器洗い機、冷蔵庫、ホームおよびビル管理システム、モータ制御用ファン、業務用コンバータなど、一般的に高ノイズ環境となるアプリケーションでの使用に理想的です。このデバイスの堅牢な設計と32ビットの処理性能を活用すれば、従来ならば複数のマイクロコントローラを必要としていた処理機能を単一のデバイスで実行することができます。さらに、ピン間隔を広くとったパッケージと静電放電(ESD)特性の優れた保護性能により単層の基板設計が可能であるほか、回路保護用の外部コンポーネントが不要であるためにシステム・コストも削減されます。

フリースケールのマイクロコントローラ・グループVPでマーケティング・ビジネス開発部門担当であるブランドン・トラニーは、次のように述べています。「32ビット・マイクロコントローラは、これまで低電圧の用途に利用され、工場や多くの家庭などにおける厳しい電磁気環境での信頼性が疑問視されてきました。Kinetis Eシリーズのマイクロコントローラは、インダストリアル基準の信頼性および温度特性に関する要件への適合を可能にする先進の電磁気適合性(EMC)と静電放電(ESD)に対する保護機能を搭載しており、低コストと高性能を両立して利用範囲を拡大します。」

フリースケールは、ヨーロッパ市場で義務付けられている家電製品向けの安全規格IEC 60730 Class Bにお客様の製品が準拠できるように、ハードウェア機能(Kinetis Eシリーズ・マイクロコントローラ)と耐障害性を備えた認証済みのソフトウェアの両面からサポートします。

Kinetis KE02マイクロコントローラの主な特長
・ EMCとESD保護機能による堅牢なノイズ耐性、およびインダストリアル品質の信頼性と温度特性に関する要件への適合
・ 傑出した電気的ファスト・トランジェント/静電放電(EFT/ESD)性能
・ Flash、RAM、レジスタ、ウォッチドッグ、およびクロックのテスト
・ 2.7V~5.5Vの電源電圧および-40℃~+105℃の周辺温度範囲
・ 最大20 MHzで動作するARM Cortex-M0+コア
・ 32ビット x 32ビット演算を1サイクルで実行する乗算器
・ 1サイクル・アクセスのI/Oポート
・ 最大64 KBのFlashメモリ
・ 256バイトのEEPROM
・ 最大4 KBのRAM

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング