3Dプリンター用データの作成・編集をサポートする製品を設計・製造ソリューション展で紹介

PR TIMES / 2014年6月10日 15時45分

製造業における新製品の試作や企画段階での設計など、様々な工程で活用できるソリューションをご紹介いたします。



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、6 月25 日(水)から27 日(金)にかけて東京ビッグサイトで開催される「設計・製造ソリューション展(DMS)」(以下「本展示会」)にスペースクレイム・ジャパン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:小林 明)と共同で出展することをお知らせいたします。

昨今、日本の製造業の現場では、世界中の競合と渡り合うために製品の企画から製造販売までにかける期間の短縮化が欠かせません。解析前の企画・設計の段階で、難しい要求や様々な問題を見つけ出して解決するために、3Dプリンターを使った試作の需要が高まっています。
サイバネットでは、製造業における3D プリンターの活用を促進し、製品・技術開発のスピードや品質の向上をサポートする3 次元ダイレクトモデラーの「SpaceClaim(スペースクレイム)」を出展いたします。

SpaceClaim は、フィーチャーやヒストリーを気にせず、イメージ通りに3 次元形状のデータを作成・編集できるツールです。作業のほとんどが「プル・移動・フィル・組合せ」の4 つの主要コマンドで完結するシンプルな操作性、各種既存の2D/3DCAD データを再利用して編集できる柔軟性を持ち、大規模データにも軽い応答性で対応します。また最新バージョンでは、オプションとして3D プリンター用のデータ修正や編集に役立つ「STL(※1)編集モジュール(3D プリンタ出力準備用)」が加わりました。

今回の出展では、SpaceClaim の概要とSTL データ編集機能を中心にデモを交えてご紹介いたします。また、会場内特設ホールの「出展者による製品・技術PR セミナー」では、「3D プリンター用STL の編集/修復を手軽に実現」と題したセミナーも開催いたします。

注釈
※1:STL(Standard Triangulated Language)
3次元CAD ソフト用のファイルフォーマットの一つ。多くのソフトでサポートされており、製品の試作方法の一つであるラピッドプロト
タイピングの用途での利用も多い。そのため、3D プリンターの出力用データとしても利用されている。

====================================================
出展概要
====================================================

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング