【飲みたいものに関するアンケート調査】「お茶、お茶系飲料」は、のどが渇いた時やお風呂上りに飲むものでトップ。酒席でまず頼むものでも2位

PR TIMES / 2014年4月16日 9時53分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、2回目となる『飲みたいもの』に関するインターネット調査を2014年3月1日~5日に実施し、11,937件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18803/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■のどが渇いたときに飲むものは「お茶、お茶系飲料」が最も多く、2位以下の「ミネラルウォーター、水」「コーヒー、コーヒー飲料」「炭酸飲料」「スポーツドリンク」などを大きく上回る。お風呂上りに飲むものも「お茶、お茶系飲料」「ミネラルウォーター、水」が上位
■お酒の席でまず頼む飲みものの1位は「ビール」で、「お茶、お茶系飲料」「チューハイ、サワー」「カクテル、梅酒、ハイボール」などが続く
───────────────────────────────────────────



◆お酒以外で最もよく飲むもの
お酒以外で最もよく飲むものは、「お茶、お茶系飲料」「コーヒー、コーヒー飲料」がトップ2です。男性30代以上と女性40代では「コーヒー、コーヒー飲料」が最多です。「炭酸飲料」は男性10・20代の比率が高くなっています。


◆のどが渇いたとき、お風呂上りに飲むもの
のどが渇いたときに飲むものは「お茶、お茶系飲料」(72.2%)が最も多く、2位以下の「ミネラルウォーター、水」「コーヒー、コーヒー飲料」「炭酸飲料」「スポーツドリンク」などを大きく上回ります。男性は「ビール」「スポーツドリンク」、女性は「お茶」が多く、それぞれ男女差が10ポイント以上となっています。

お風呂上りでは「お茶、お茶系飲料」「ミネラルウォーター、水」が上位2位、以下「炭酸飲料」「ビール」「発泡酒、新ジャンルビール」が続きます。アルコール系は男性高年代層で多く、男性40代以上では「炭酸飲料」より「ビール」の方が多くなっています。


◆くつろいでいるとき、気分転換したいとき、会話を楽しむときに飲むもの
くつろいでいるときに飲むものは「コーヒー、コーヒー飲料」(67.8%)が1位、次いで「お茶、お茶系飲料」(43.7%)、「紅茶、紅茶飲料」(31.7%)、以下「ビール」「ココア」「炭酸飲料」が続きます。「紅茶、紅茶飲料」は女性が男性を大きく上回り、女性10代では最も多くなっています。また、男性10代や女性20代では「お茶、お茶系飲料」がトップです。女性若年層では「ココア」も多くみられます。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング