【第6回プロポーズに関する実態調査】アベノミクスの影響か!?男性のプロポーズ予算が上昇!!

PR TIMES / 2013年5月31日 10時41分

2008年調査と比べ、「20万円以上が理想」と考えている男性の割合が40%から60%へ増加!



プリモ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表:澤野直樹)が運営するブライダルリング専門店「アイプリモ」は、20・30代の男女516名を対象にインターネットによる「プロポーズについてのアンケート」を2013年5月に実施致しました。本日はその結果を発表致します。

「アイプリモ」では、日本全国59店舗・台湾9店舗・香港1店舗を展開するブライダルリング専門店として、婚約指輪・結婚指輪選びのお手伝いを始め、男性のプロポーズを応援する企画を実施しています。「プロポーズ」に関する意識調査は2008年より毎年発表しており、今回の調査で6回目を迎えました。今回は、未婚・既婚男女のプロポーズに関する意識調査を実施致しました。


■ プロポーズにかける予算を「20万円以上」と回答した男性が、2008年に比べ20%増加!
プロポーズの予算(指輪を含む)の上限はいくら位が理想だと思うか聞いたところ、同質問をした2008年の調査結果に比べ20%高い、男性の60%が 「20万円以上が理想」と回答しました。2008年の調査では「20万円未満が理想」と答えた男性が過半数を超えていましたが、今年はアベノミクスの経済施策の影響を受け、経済に回復の兆しがみられ、男性にとってプロポーズに対する金銭面での価値が上昇したのではないかと考えられます。(参考資料:Q1)

■ 男性ひとりで婚約指輪を購入する人の割合が全体の1/4以上を占める!
婚約指輪(エンゲージリング)は誰と買いに行きましたか?という問に対し、「自分だけで(1人で)」と回答した人が、昨年度2012年の調査結果に比べ7%増加し、男性全体の25%強を占めるまでになりました。近年の海外・国内の感動的なプロポーズ動画等の影響から、徐々に男性によるサプライズ・プロポーズへの人気が再燃してきている可能性が考えられます。(参考資料:Q4)

■ 景気がよくなれば結婚(プロポーズ)する!?景気に左右される男性の実態が明らかに
結婚(プロポーズ)のきっかけとなるのはどのようなできごとですか?という問に対し、「景気がよくなったら」と回答した人は、女性は全体の15%だったのに対し、男性は全体の31%を占める結果となりました。男性がプロポーズをするきっかけは、自身の気持ちだけではなく、世の中の経済状況によって左右されやすいことが明らかになりました。(参考資料:Q9)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング