エフセキュア プロテクション サービス ビジネスの Parallels社との提携がスタート

PR TIMES / 2013年5月16日 9時53分

エフセキュアのPCおよびモバイル向けビジネスセキュリティサービスが、Parallels社のサービスプロバイダエコシステムを通じて1000万社以上の中小中堅企業(SMB)に利用可能になります。

ヘルシンキ発 - フィンランド本社発表資料抄訳

エフセキュアは、Parallels社と提携し、9,000を超えるインターネットサービスプロバイダを通じて1,000万以上の中小企業(SMB)顧客が世界トップレベルのビジネスセキュリティを簡単に利用可能にする予定です。エフセキュアの代表的なSMB向けセキュリティサービスであるプロテクション サービス ビジネス(PSB)は、Parallels Automationとの統合により、Parallels社のGold Certificateを認定されました。
エフセキュアはすでにサービスプロバイダのネットワークを通じてSMBにPSBを提供しておりますが、SMBは生産性および費用対効果を向上させるために、着実にクラウドサービスを採用するようになっています。Parallels社とのパートナーシップを通じて、PCおよびモバイルの双方でベストオブブリードの保護を提供するPSBを、PSB Application Packaging Standard(APS)を介してあらゆるParallels社のパートナーが簡単に利用できるようになります。
全世界に200超の通信事業者パートナーを抱え、通信事業者経由のSaaS(Security as a Service:サービスとしてのセキュリティ)提供におけるグローバルリーダーであるエフセキュアの通信事業者に焦点を絞った専門知識は、Parallels社のエコシステムに最適です。
「Parallels社との提携が発展していくことを期待しています。エフセキュアはどうのように通信事業者の売上促進に貢献できるかということを理解しており、そのための各ステップにおいて通信事業者を支援します。Parallels社は、通信事業者およびビジネスの最終顧客の双方の成功を支援するという当社のコミットメントを共有しています」と、エフセキュアのビジネスディベロップメント担当ディレクタを務めるアルト・ハロネンは述べています。
「Parallelsの使命は、サービスプロバイダが当社のソフトウェア、エコシステム、および専門知識のクラウドから利益を得る支援をすることです。APSを活用することで、今ではエフセキュアのPSBソリューションを当社のサービス プロバイダ パートナーが簡単に提供およびバンドルすることが可能になりました。これによって、最終的には、以前は大企業にのみ提供されていた付加価値のあるITソリューションからSMBの最終顧客が恩恵を受けられるようになります」と、Parallels社のマーケティングおよびアライアンス担当バイス・プレジデントを務めるジョン・ザンニ氏は述べています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング