【自動車メーカーに関するアンケート調査】将来性を感じる自動車メーカー、4位の「スバル」は2011年調査時より増加。トップ3は減少

PR TIMES / 2014年4月16日 9時53分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、3回目となる『自動車メーカーのブランドイメージ』に関するインターネット調査を2014年3月1日~5日に実施し、11,936件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18811/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■いずれのイメージも「トヨタ」「ホンダ」「日産」がトップ3、4位に「スバル」がつける。最も乗ってみたいメーカーでは「BMW」が4位
■『将来性を感じる』では「スバル」が2011年調査時より増加、上位3位は減少
───────────────────────────────────────────



◆信頼性・安心感がある、品質・技術が優れている自動車メーカー
信頼性・安心感があると思う自動車メーカーは「トヨタ自動車」(71.1%)がトップ、「本田技研工業(ホンダ)」「日産自動車」が各5割で続きます。「富士重工業(スバル)」「スズキ」「ダイハツ工業」「マツダ」が各3割で続きます。

品質・技術が優れていると思う自動車メーカーは「トヨタ自動車」(67.9%)がトップ、「本田技研工業(ホンダ)」「日産自動車」が各4~5割、「富士重工業(スバル)」「マツダ」「スズキ」「ダイハツ工業」「BMW」などが各2~3割で続きます。所有している車のメーカーを、品質・技術が優れているメーカーに選んだ人の比率は、「トヨタ」所有者で9割弱と高くなっています。


◆将来性を感じる自動車メーカー、革新的・先進的である自動車メーカー
将来性を感じる自動車メーカーは「トヨタ自動車」(50.6%)が最も多く、次いで「本田技研工業(ホンダ)」「日産自動車」、以下「富士重工業(スバル)」「スズキ」「マツダ」「ダイハツ工業」が続きます。2011年調査と比べ、「富士重工業(スバル)」は増加、上位3位は減少しています。

革新的・先進的であると思う自動車メーカーは「トヨタ自動車」(47.0%)が最も多く、「本田技研工業(ホンダ)」「日産自動車」「富士重工業(スバル)」の順で多くなっています。「本田技研工業(ホンダ)」は、2011年調査と比べてやや減少しています。


◆最も乗ってみたいと思う自動車メーカー
最も乗ってみたいと思う自動車メーカーは「トヨタ自動車」が24.6%で最も多く、「本田技研工業(ホンダ)」「日産自動車」が続きます。「BMW」が4番目に多くなっています。所有している車のメーカーを、最も乗ってみたいメーカーに選んだ人の比率は、「トヨタ」「ダイムラー」所有者で各5割と他の層より多くなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング