【プレスリリース】中央アフリカ共和国 ユニセフ、内戦で傷ついた子どもたちに支援物資を

PR TIMES / 2013年12月10日 13時4分

ユニセフは、現地時間9日までに、数百人に上る死者を出し、数千人から住む場所を奪ったこの数日間の
激しい戦闘によって負傷した人々の治療に必要な医薬品や医療資材の支援物資を、首都バンギの病院
に提供しました。



・本信は、ユニセフ発表の情報に基づき、日本ユニセフ協会が編集したものです
・原文(英語)は、http://www.unicef.org/media/media_71362.htmlでご覧いただけます


【2013年12月9日 バンギ/ダカール発】


ユニセフは、現地時間9日までに、数百人に上る死者を出し、数千人から住む場所を奪ったこの数日間の
激しい戦闘によって負傷した人々の治療に必要な医薬品や医療資材の支援物資を、首都バンギの病院
に提供しました。

ユニセフ中央アフリカ共和国事務所のスリマン・ディアバット代表は、次のように伝えています。
「この病院では、傷つき命を落とす子どもの姿を見ない日はありません。そしてその数は、日に日に
増えています」 「今、この国の子どもたちに“安全な場所”はありません。イスラム教徒であれ
キリスト教徒であれ、その状況に差はありません。住み慣れた家で、家の近所で、そして、戦闘を
逃れて避難した先でも、子どもたちは戦闘の被害に遭っているのです。こんな状況は絶対に許され
ません」

現地時間5日(木)から9日(月)朝までに確認された死者は400人近くにのぼり、うち3人が子どもと、
現地赤十字は報告しています。また、ユニセフの暫定的な集計では、銃弾や鉈で傷つけられ、バンギの
地域病院(The Community Hospital)や小児医療センター(Paediatric Centre)に運ばれた子どもの
数も、約30人にのぼります。

戦闘勃発から2日後の7日(土)、ユニセフは、負傷者のほとんどが運び込まれていた地域病院に、
3,000人分の医薬品や医療資材を届けました。翌8日(日)には、多くの傷ついた子どもたちが
担ぎ込まれている、中央アフリカ共和国で唯一の小児科専門の医療施設である小児医療センターに、
1,000人分の物資を提供。入院治療を受けている子どもたちのために、衣服や扇風機なども提供しました。

「自分たちがこんなことに巻き込まれたのは、生まれて初めてだよ」と語るのは、この病院で治療を
受けている17歳のケリーさん。彼は、5日(木)、通学途中に胸を銃で撃たれました。「家族や友達、
この国のことが心配なんだ」とケリーさんは訴えます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング