UXデザインとエンジニアリング領域のワンストップ支援体制を月額50万円でご提供!「ニジボックスCDD」を開始。

PR TIMES / 2019年8月27日 9時40分

リクルートグループで数多くの新規事業・サービス開発に従事するニジボックスが月額50万円の小ロットでサービス開発を支援!今まで予算に折り合いがつかず開発に踏み込めなかったクライアント様必見!

株式会社ニジボックス(本社:代表取締役社長 兼 CEO:入江翔平)は、UXデザインの必要性と価値をより幅広いクライアント様にご理解頂くべく、UXデザイナーとエンジニア2名のチーム体制による月額固定支援サービスを開始いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/10537/111/resize/d10537-111-452534-0.png ]

<ニジボックスCDDとは?>(URL: https://nijibox.jp/cp/ux-develop/

■新規サービス開発に本当に必要な支援形態を追求したサービス

CDDはConsulting&develop&design(コンサルティング&ディベロップ&デザイン)の頭文字を取ったサービス名称。デザインシンキングをベースにしたUX設計とそれに基づいた最適なエンジニアリングを実現するサービスです。UXデザイナーとエンジニア2名体制を基本とし、月額50万円で、新規サービスの設計・開発や既存サービスの成長を支援。一般的に、UXデザイナーとエンジニアは高コストなリソースです。また、一般的な開発においては、ディレクション工数、管理工数など様々な間接コストが発生します。本サービスでは、企画から開発まで、ワンストップで対応できるニジボックスならではの利点を活かし、プレイヤー2名がお客様とフェイストゥーフェイスでコミュニケーションを取ることが可能になり、間接コストの大幅な節約を実現しました。

■CDDによる基本的な支援の流れ

クライアント様と初回のお打ち合わせを実施させて頂き、課題の特定、今後の進め方を検討させて頂きます。
CDDの基本的な進め方は、定例ミーティング→持ち帰り作業→定例ミーティングの繰り返しをベースとして進めていきます。制作スケジュールはお客様のご要望に応じた期間をあらかじめ設定させて頂きますが、一般的にシンプルな仕組みのWEBサービスであれば、3ヶ月ほどでリリース出来るケースが多いです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/10537/111/resize/d10537-111-872998-2.png ]



■ニジボックスのご紹介

ニジボックスは株式会社リクルートのR&D機関Media Technology Lab.(現次世代事業開発室)より、分社独立して以来、リクルートグループの数多くの新規事業・サービス開発を支援してきました。WEBサービス制作・開発を始め、KPIマネジメント、MVP設計を中心にUXデザインと呼ばれる領域のナレッジを充実させ、顧客のご要望への対応領域を常に拡大し続けています。この度のサービスでは、従来型の納品をゴールとした単純なアウトソーシングではなく、UXデザインとエンジニアリングにおけるノウハウをクライアント様に寄り添う制作スタイルにてご提供致します。
事業の成長や持続可能性の実現のため、常に検証とピボット(方向修正)が求められる昨今において、UXデザインとエンジニアリングの側面からクライアント様の課題解決に伴走、支援致します。


【会社概要】
会社名:株式会社ニジボックス
代表者:代表取締役社長 入江翔平
所在地:東京都中央区勝どき1-13-1 イヌイビル・カチドキ 4F
URL: http://nijibox.jp/
事業内容:UXデザインコンサルティング、サービスデザイン、UIデザイン、WEB開発、イラスト、ムービー制作
【本件に関するお問い合わせ】
お問い合わせフォーム: https://nijibox.jp/contact/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング