溢れる感動をお届けする新しいコンサート体験 “ベルリン・フィル in 銀座” ~世界最高峰のオーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏を特別再現~

PR TIMES / 2012年11月16日 12時53分



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
溢れる感動をお届けする新しいコンサート体験 “ベルリン・フィル in 銀座”
~世界最高峰のオーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏を特別再現~
弦楽器の繊細で豊かな音の広がりや、演奏者の息遣いまでも感じ取れる、高品位な音と映像の体験をお届け
2012年11月26日(月)~2012年12月22日(土)  東京・銀座 ソニービル 8階 OPUS他
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東京・銀座 ソニービル 8階 コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)では、世界的に権威を誇るベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (以下、ベルリン・フィル) *1の演奏を、4K (3840画素×2160画素)/60p(フレームレート)で200インチの大型スクリーンに映し出される迫力ある映像と、ソニーの最高級スピーカー「SS-AR1」を用いた高品位なサウンド(DSD録音再生*2による音声)でお楽しみいただく上映・体感イベント“ベルリン・フィル in 銀座”を、2012年11月26日(月)~2012年12月22日(土)にて開催いたします。

 上映作品として、2012年5月にソニーの最新機材と撮影技術を活かしてベルリン・フィルハーモニーで収録したコンテンツ、リヒャルト・ワーグナー作曲の「ワルキューレの騎行」をご用意いたしました。世界的に権威を誇るオーケストラのパフォーマンスをお届けします。

 ソニーの創業者である故 盛田昭夫とベルリン・フィルの首席指揮者であった故 ヘルベルト・フォン・カラヤン氏が出会った時代から、ソニーとベルリン・フィルは音楽への共通の愛情に根差した深いパートナーシップを結んできました。2012年8月に発表した協業*3を機に、両社はこれまで以上の深い繋がりで高音質・高画質の世界を追求しております。ソニーは音響や映像技術のイノベーションを、一方ベルリン・フィルは優れた音楽を卓越した表現力で奏でることを強みとし、それぞれ培ってきたプロフェッショナルな力を合わせ、さらに発展させていくことで、感動溢れる高品位な体験を提供できるよう取り組んでおります。

 なお、ソニービル1階のエントランスホールでは、30年以上に渡るソニーとベルリン・フィルの関係にゆかりある商品や、通常ベルリン・フィルの本拠地に展示されている数々の貴重な品を日本で初めて展示いたします。
 その他、ソニービル内のソニーショールームでは、ベルリン・フィルの音場をご家庭でも楽しめる「ベルリン・フィルハーモニック・ホール」音場モードを搭載したマルチチャンネルインテグレートアンプ「TA-DA5800ES」などのホームシアターシステムや、ベルリン・フィルのコンサート映像をご自宅で鑑賞できる映像オンライン配信サービス「デジタル・コンサートホール(以下、DCH)」*4に対応した〈ブラビア〉やVAIOなどもご紹介いたします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング