日本のホテルのオンライン予約対応率は世界一 トリップアドバイザー業界指数調査-2012年中間調査結果を発表

PR TIMES / 2012年8月2日 18時24分

世界最大の旅行口コミサイトTripAdvisor(R)(トリップアドバイザー、本社:マサチューセッツ州ニュートン、NASDAQ:TRIP、CEO:スティーブン・カウファー、日本語版サイト:http://www.tripadvisor.jp)は、全世界の宿泊施設を対象にした世界最大規模の市場動向調査を実施し、25,000件を超える回答をまとめた「2012年トリップアドバイザー業界指数調査」の中間調査の結果を発表しました。日本のホテルはオンライン予約対応率において98%と、国別の対応率で世界第1位の高水準となりました。他にもこの調査では、2012年下半期に向けての景況予測、宿泊料金に関する今後の予測やソーシャルネットワークやモバイルを活用した顧客へのアプローチ、エコへの取り組みなど、宿泊施設の業界における様々なテーマについて考察を加えました。

オンライン予約対応

オンライン予約に対する対応は世界各国で意識が高まっており、回答施設の約73.6%がオンライン予約対応しており、また56.2%の施設がモバイル端末からの予約に対応することが重要と考えています。日本のホテルはこのオンライン予約対応率において98%という高い数値を記録し、国別の結果で世界第1位の高水準となりました。

2012年下半期に向けての景況予測
今年の下半期に向けての景況予測について、宿泊施設の経営状況に関する質問への回答を集計したところ、最も良い見通しを示した国はインドネシアで、一方でギリシャが最下位となりました。また、アジア全体では、2011年12月の調査結果と比べても、約50%の回復を含んだ予測を示しました。その中で日本は集計対象となった22カ国のうち15位という結果になり、相対的に重めな見通しとなりました。
景況予測に関して主な結果は下記のとおりです。
良い見通しを示した国:1位インドネシア、2位ブラジル、3位ロシア、4位米国、5位インド

悪い見通しを示した国:18位ニュージーランド、19位フランス、20位スペイン、21位イタリア、22位ギリシャ

ソーシャルメディア活用

宿泊施設におけるマーケティング担当者のソーシャルネットワークの利用率に関する調査では、アジアの国で高い利用率が見受けられました。特にマレーシア(89%)、インドネシア(84%)、タイ(80%)は高く、日本はアジアの集計対象となった8か国のうち5番目(62%)という結果になりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング