出生登録に関する報告書を発表 5歳未満の3人にひとりは「公に」存在しない子どもたち

PR TIMES / 2013年12月11日 11時18分

12月11日、ユニセフ67回目の創設記念日を迎える



・本信は、ユニセフ発表の情報に基づき、日本ユニセフ協会が編集したものです
・原文(英語)と報告書の閲覧をご希望の際は、日本ユニセフ協会 広報室にお問い合わせください


【2013年12月11日ニューヨーク発】

12月11日の67回目の創立記念日にあたり、ユニセフは、世界の出生登録に関する新たな報告書を発表。
出生登録されていない5歳未満の子どもは約2億3,000万人、つまり、3人にひとりであることを明らかに
しました。

ユニセフ事務局次長のギータ・ラオ・グプタは「出生登録は、権利以上のものです。社会が、その子ども
自身とその存在を初めて認識し、認めるのが出生登録です。出生登録は、国家の発展から子どもたちが
忘れさられず、その権利を否定されず、隠されないことを保証する上でも重要なのです」と述べました。

報告書『すべての子どもが生まれながらに持つ権利:出生登録における不平等と傾向(原題:Every
Child’s Birth Right: Inequities and trends in birth registration)』は、161ヶ国における
統計の分析と国別の出生登録に関する最新のデータと推定値をまとめたものです。


■出生登録率は60%、わずか3%の国も
2012年、誕生後すぐに出生登録された赤ちゃんは世界全体でわずか約60%でした。数値は地域によって
大きく異なりますが、最も低かったのは南アジアとサハラ砂漠以南のアフリカでした。

出生登録が最も低かった国10ヶ国は以下の通りです。
ソマリア(3%)、リベリア(4%)、エチオピア(7%)、ザンビア(14%)、チャド(16%)、
タンザニア共和国(16%)、イエメン(17%)、ギニアビサウ(24%)、パキスタン(27%)、
コンゴ民主共和国(28%)


■「出生登録証」を持つ子どもはさらに少なく、虐待や搾取などにあいやすく
出生登録が行われても、多くの子どもたちが「出生登録証」を持っていません。たとえば、
東部・南部アフリカでは、出生登録証を持っているのは、出生登録が行われた子どもの約半数。世界では、出生登録された子ども7人のうち、ひとりは出生登録証を持っていません。中には、登録証の発行に多額の費用がかかる国々もあり、登録証を持っていない原因となっています。また、登録証が発行されず、
家族の手元に登録を証明するものがない国々もあります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング