六甲高山植物園の冬支度「小便小僧のマント着せ行事」11月3日(日・祝)に開催!

PR TIMES / 2013年10月29日 14時41分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)の子会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が、六甲山上で運営を行っている六甲高山植物園では、11月3日(日・祝)に毎年恒例の「小便小僧のマント着せ行事」を行います。



六甲高山植物園→ http://www.rokkosan.com/hana/

日に日に寒さも増し、11月7日(木)の「立冬」を前に、園内の木々はすっかり秋色に染まり、錦模様を織りなします。本格的な冬の寒さを迎える前に、六甲高山植物園のアイドル「小便小僧」に暖かいマントをまとわせるこの行事は、今年で40回目を迎えます。「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2013」開催中につき、今年は袴田京太朗氏の出展作品「ジュリアン-Scatter」にマントを着せます。


「小便小僧のマント着せ行事」 ~今年は開園80周年・行事40回目を迎えます~
【日時】
11月3日(日・祝) 13時30分~14時 (終了時間は前後する場合あり)
※少雨決行、荒天中止

【内容】
六甲高山植物園にある「小便小僧」は1962年に彫刻家の榎本健二郎氏がご子息をモデルに制作したものです。
「小便小僧」がまとうマントは神戸芸術工科大学の学生がデザインした11案の中から、来園者の人気投票で栗森菜央さんのデザインが選ばれました。(投票は2013年9月に実施)栗森さんのデザインには、今年80周年を迎えた六甲高山植物園が無限大に愛されるようにと、80周年の「8」にちなんで「蜂」、はねには「∞無限大」というモチーフがデザインされています。
当日は、マントのお披露目とキノコ汁のふるまい(先着200名様)を行います。

【料金】
無料(別途入園料要)


袴田京太朗氏プロフィール
袴田京太朗/Kyotaro HAKAMATA
1963年 静岡県出身、神奈川県在住
1987年 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業
【ジュリアン-Scatter】
作品は植物園シンボルの小便小僧のかたちをコピーし、アクリル板の積層でつくられたものです。


◆リリースに関するお問い合わせ先
六甲高山植物園 TEL:078-891-1247 / FAX:078-891-0137
〒657-0101 神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150

◆営業概要
【入 園 料】大人(中学生以上)600円 / 小人(4歳~小学生)300円
【開園時間】10時~17時(16時30分受付終了)
※11月24日(日)をもって今シーズンの営業を終了します。

六甲山ポータルサイト ROKKOSAN.COM → http://www.rokkosan.com/

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング