~200インチ大画面に映し出される4K*1映像で、古都京都の情緒溢れる世界観をお届け~ 「THE 世界遺産 4K京都特別編」上映

PR TIMES / 2013年1月11日 15時18分

2013年1月15日(火)~2月2日(土)  東京・銀座 ソニービル 8階 OPUS (入場無料)



 ソニー株式会社は、古都京都の名所や街並を4K映像でご覧いただける「THE 世界遺産 4K京都特別編」を、1月15日(火)~2月2日(土)まで、東京・銀座 ソニービル 8階 コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)にて上映いたします。


 本イベントで上映する映像は、ソニーが番組提供をしているTBS「THE 世界遺産」*2で放送された「古都京都の文化財」篇に使われた映像も一部含まれている特別編です。

 撮影には、ソニー製の業務用CineAltaカメラ「F65」を採用し、4Kの高精細表現により視界を覆うような広い視野角で迫力の映像を収録することができました。さらに、明るいところでも暗いところでも、高精細で豊かな表現力を持つ映像も収録できるため、昔ながらにろうそくの灯りで屏風を鑑賞したり、月明かりに照らされた庭園の様子など、日本独自の美意識である陰影の美しさもお楽しみいただけます。

 世界遺産に登録されている銀閣寺や西本願寺、清水寺など京都を代表する文化財の風景を中心とした、日本独自の情緒溢れる様子を、高品質な映像と臨場感あふれる5.1chサラウンドで再現しています。


 また、本コンテンツは、2012年11月5日に、世界遺産条約採択40周年記念最終会合にあたり京都駅前広場の特設ステージで開催されたイベントにて4K上映され大変ご好評をいただきました。その特別映像の、東京初上映となりますので、是非この機会に、4Kによる新しい映像体験の可能性をお楽しみください。


【「THE 世界遺産 4K京都特別編」上映概要】
◆期間
 1月15日(火)~2月2日(土) 
◆会場
 東京・銀座 ソニービル 8階 コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)
◆時間
 11:00~19:00 / 1回約12分の映像
 入場無料
◆URL
 http://www.sonybuilding.jp/event/opus/heritage/


*1 4K映像とは:フルHD(High Definition)映像の解像度 : 1,920×1,080 画素(210万画素)と比較して4倍以上の映像情報量を有している映像
*2 TBS「THE 世界遺産」:世界各地にある世界遺産を最先端の技術で記録するテレビ番組。毎週日曜午後6:00~6:30放送。
   BS-TBS「THE 世界遺産」:毎週土曜午後5:00~5:30放送。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング