請求管理ロボ、「フィンテックアワード2019」を受賞

PR TIMES / 2019年9月24日 10時0分

~国内で優れたフィンテックシステムとして認定~

株式会社ROBOT PAYMENT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:清久 健也、以下ROBOT PAYMENT)は、一般社団法人フィンテックガーデン(本部:東京都千代田区、代表理事:義永洋士、以下フィンテックガーデン)が主催するコンテスト、「フィンテックアワード2019」にて「ブロンズアワード」を受賞しましたのでお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/1047/116/resize/d1047-116-669599-0.jpg ]



金融とITの融合化であるフィンテックが急速に進化を遂げている中で、フィンテック・プログラムの開発者を育成することが日本の大きな課題となっています。「フィンテックアワード2019」は、フィンテックシステム開発者を育成し、市場の拡大に貢献することを目指して開催されました。審査内容は新規性・実現性・有用性となっています。

フィンテックアワード2019
URL: https://fintech-garden.com/award2019.html?2019090502

登壇内容(動画)
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=-YarWKhaln0 ]

ROBOT PAYMENTが提供する、「請求管理ロボ」は請求/入金管理、消込、催促までの請求業務を自動化するクラウドサービスです。クレジットカード決済、口座振替、銀行振込など多彩な決済を活用し代金を回収し、SFA/CRMや会計ソフトとのデータ連携を強みとしています。現在、請求管理ロボの導入実績は、大手企業から中堅・中小企業まで500社を超え、システムを通して行われた年間請求金額は約700億円になります。

請求管理ロボ
URL: https://www.robotpayment.co.jp/service/mikata/
[画像2: https://prtimes.jp/i/1047/116/resize/d1047-116-167800-1.jpg ]

この度、今まで毎月発生していた単調な繰り返し業務を大幅に自動化し、従業員の生産性を向上させる製品として、その新規性・実現性・有用性が高く評価され、フィンテックアワード2019において、ブロンズアワード(全39社中3位)に選ばれました。今後も、ROBOT PAYMENTはFintechの領域で様々なイノベーションを起こし、日本の全ての企業に、生産性向上と働き方改革の促進を進めてまいります。

<会社概要>
株式会社ROBOT PAYMENT
所在地:東京都渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル4F
設立:2000年10月
資本金:100百万円
代表:代表取締役 清久 健也
URL: https://www.robotpayment.co.jp/company/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング