皇居ランニング施設「JOGLIS(TOKYO FM)」と「Run Pit(KDDI、毎日新聞社)」が『皇居ランニングプロジェクト』を開始

PR TIMES / 2012年12月21日 10時46分

~皇居ランニングを通して、皇居周辺をより楽しく快適に利用できるようにします~

株式会社エフエム東京 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 冨木田道臣、以下:TOKYO FM)と株式会社メディアコミュニケーションズ (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 程島洋一、以下:メディコム) 、KDDI株式会社 (本社、東京都千代田区、代表取締役社長 田中孝司、以下:KDDI) 、株式会社毎日新聞社(本社、東京都千代田区、代表取締役社長 朝比奈豊、以下:毎日新聞)は、皇居周辺を利用する全ての人々がより楽しく、快適に利用できるように「皇居ランニングプロジェクト』を、2013年1月より開始します。



本プロジェクトは、メディコム(TOKYO FM関連会社)が提供する半蔵門ランナーズサテライト「JOGLIS」(協賛:TOKYO FM、株式会社アシックス)と、KDDIと毎日新聞が提供する皇居ランナー向けシャワースペース「Run Pit by au Smart Sports」が共同で実施します。皇居ランナーだけでなく、皇居周辺をウォーキングや観光する皆さまが一緒に笑顔になる取り組みを目指します。

皇居ランニングはここ数年の健康、レジャーとしての関心の高まりとともに、平日夜間や休日は多くのランナーが皇居周辺を利用しています。同時に、ランナーのさらなるマナーの向上も求められています。このような状況を踏まえ、ランニング施設の「Run Pit」と「JOGLIS」が共同で、マナー向上に努めていきます。

取り組みの第一弾として、2013年1月と2月に両施設を拠点として「マナーアップ!ランニング・コネクション スペシャル」を開催。皇居ランのマナー啓蒙に賛同いただける皆さまとマナーの啓蒙を図るとともに、ランナー同士の交流会を行います。

また皇居ランナーが便利に両施設をご利用いただけるよう2013年1月10日から2月27日まで、相互割引を実施します。auのスマートフォン向けサービス「auスマートパス」をご利用のお客さまは、両施設をお得に利用することができます。

別紙 

1. 「皇居ランニングプロジェクト」概要

(1) マナーアップ!ランニング・コネクション スペシャル
・2013年1月26日、2月9日(いずれも土曜日) 13時30分~19時
・募集 Run Pit、JOGLISの会員から男女各20人(合計80人)
・参加費 男性6,500円 女性5,500円(税込) ※施設利用料、食事代含む
・参加資格 皇居ランニングマナーに賛同いただける健康な独身の男性、女性
・応募多数の場合は抽選になります
<エントリーサイト> 仮 http://www.joglis.jp/event/index.php

(2) auスマートパス相互割引
auスマートパスをご利用の方は、ご利用時ログイン画面を両施設で見せると以下の特典が受けられます。詳細はクーポン画面をご確認ください。
1.特別キャンペーン!無料使い放題(1月10日~2月6日) 
平日昼間に限り、施設利用料が無料で利用できます。
2.ワンコイン利用(2月7日~2月27日) 予定
平日昼間に限り、両施設がワンコインの500円で利用できます。

※平日昼間とは9時から15時の時間帯とします。
※施設利用料は通常、Run Pit800円、JOGLIS700円です。
<auスマートパス クーポン> 仮 http://pass.auone.jp/coupon/


2.(参考)皇居ランニング施設 サービス概要

■JOGLIS(TOKYO FM)  http://www.joglis.jp/index.php
ランナーの聖地にある半蔵門で、ランナーのStationともいうべき場所に位置しています。すべてのランナーにエールを送る場所、すべてのランナーを繋ぐ場所、そして耳を澄ませて自分に向き合う場所としてサービスを展開しています。

■Run Pit(KDDI、毎日新聞)  http://runpit.jp/
auがつくる、皇居ラン二ング直結のランナーズスペース。多くの皇居ランナーからスタート地点に選ばれる、竹橋駅に直結した便利なロケーションです。快適なランニングのための最新の設備が充実し、思い立ったらすぐに走り出せる皇居ラン二ングの新たな拠点です。

■auスマートパス  http://pass.auone.jp/
月額390円で、500以上のアプリが取り放題、安心のセキュリティとサポート、おトクなクーポンやポイント、写真のバックアップなどが利用できる、充実したスマートフォンライフのためのサービスです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング