アデコ、キャリアブランクのある離職者の復職を支援

PR TIMES / 2014年6月3日 16時21分

- 厚生労働省の「キャリア・リターン応援制度」を実施 -



[2014年6月3日 東京]
世界最大※1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:奥村真介、以下「アデコ」)は、厚生労働省が実施する「キャリア・リターン応援制度」の実施企業として選定され、6月から求職者の復職支援を本格的に実施いたします。本制度では、育児や介護等による離職者およびキャリアブランクのある求職者を対象に、独自の研修やキャリアカウンセリングを実施のうえ、円滑に復職ができるよう支援するものです。復職支援は、2017年まで3年間行います。

本制度では、育児や介護により離職を余儀なくされた離職者やキャリアブランクがある求職者に対し、復職した経験者の体験談や専任担当者によるキャリアカウンセリングを通じ、キャリアプランを明確にすることで、復職に対する意識を高める研修プログラムを実施します。また、多様化するライフスタイルの変化に合わせて仕事を選び、自分らしいキャリアを築けるよう、専任担当者がライフプランも考慮したアドバイスも実施します。

研修後は、取引企業の中でも仕事と家庭の両立を実現しやすい職場環境の企業を紹介するなど、求職者の希望に沿った仕事紹介を行うことで安心して復職へ繋げることを目指します。今回、アデコは、関東甲信越ブロックと中部ブロックの2つの地域の実施事業者に選定されており、実施期限の2017年の3月31日までに、各ブロック240名で計480名の復職支援を目指します。

アデコは人財サービスのグローバルリーダーとして、キャリアブランクのある方々の雇用創出やキャリア支援を重要な課題と捉えています。今後とも長年にわたり培ってきた就職支援のノウハウを最大限に活かし、女性を含む潜在労働力層の就業率の向上とキャリア構築に貢献してまいります。
(*1) Staffing Industry Analysts 2013、人財サービス企業売上ランキングより。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング