テキストマイニングで見えてきた、洗濯の工夫とは?

PR TIMES / 2014年5月13日 14時13分

食事でついた汚れには、食器用洗剤も使用。「ウタマロ石けん」に注目集まる

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、当社で提供している新しい「テキストマイニングサービス(Text-Voice)」を用いて、自主調査で実施した「衣料用洗剤に関するアンケート調査(第4回)」の自由回答を分析しました。
「洗濯の際に工夫していること」に関する、約3,000件の自由回答を分析した結果をご報告いたします。

【自主調査の結果】 http://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=18507
【Text-Voice概要】 http://www.myvoice.co.jp/menu/txt-voice.html




◆落ちにくい食事の汚れには、食器用洗剤

「テキストマイニングサービス(Text-Voice)」では文章を最大で6つの言葉の組合せで分類することができます。

今回の約3,000件の自由回答をText-Voiceで解析したところ、最もよく見られる洗濯の工夫のパターンは、

 「ひどい汚れには、部分用洗剤を塗って手洗いしたあとに洗濯機にかける」洗い方であることがわかりました。
特に「ウタマロ石けん」が具体的な洗剤として上がりました。注目度が高いことが分かります。【図表1】

 続いて上位に挙がったのは「酸素系の漂白剤を使う」、「靴下は事前に予備洗いする」などです。食器用洗剤を使って汚れを落とすとの回答も見られ、食事でついた汚れに困って、対処しているシーンも浮かび上がりました。


◆洗濯の工夫の全体像は?

洗濯の工夫の全体像を見るために、関連深いものは近くに、関係の薄いものは遠くに配置されるよう、自由回答を視覚的なマップにしました。大きく分けて、下記の5つの工夫が見られます。【図表2】

(1)部分用洗剤の利用やつけ置き洗い
(2)漂白剤などで、除菌や消臭をする
(3)頑固な汚れには部分用の洗剤や、食器用洗剤の使用、事前の手洗いなどで積極的に対処
(4)色柄物と白い物を分けて洗濯
(5)すすぎをしっかり行い、洗濯が終わればすぐに干すなど、汚れを落とした後の気遣い

以上のような5つの行動や意識が、洗濯についての工夫の大きな背景構造となっていることが分かりました。

また、この図からは、生活者の悩みや、まだまだ現状の洗濯に満足しておらず、工夫の余地があることを推察することもできます。生活者へのより一層の提案が求められていることがうかがえます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング