次世代のビッグデータ可視化・分析ソリューション「Tableau」提供開始

PR TIMES / 2014年8月21日 11時54分

~直感的な操作と高速処理で、誰でもデータをすばやく可視化!~

ソフトバンクテクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、Tableau Japan株式会社(東京都千代田区、社長:浜田 俊)の提供するデータ可視化・分析ソリューション「Tableau」(タブロー)を取り扱い開始しますのでお知らせします。



インターネットやモバイルの普及、グローバル化などにより、変化が目まぐるしいスピードで起こる昨今のビジネス。他社との競争力を高めるためにはスピードが必要とされ、シームレスな情報共有によって常にビジネスの状況を把握し、迅速な意思決定を行うことが求められています。
一方で、企業を取り巻くデータは日々増大しており、蓄積したビッグデータを分析して結果をビジネス戦略に活かすまでには高度な専門知識や専用のシステムに加え、多くの時間と労力が必要となっていました。

「Tableau」は、こうした課題を解決し、誰でもデータをすばやく可視化できる次世代ビジネスインテリジェンスツールです。
シンプルで直観的な操作でデータを簡単に取込み、超高速処理によって誰でも一目見てわかるグラフ・図・色に瞬時にまとめることができます。また、分析レポートはタブレット端末からも利用可能なため、情報の可視化・共有スピードを加速させます。

専門的な知識やスキルや人材なしでもデータ分析を自由自在に行える環境を実現するとともに、これまで読み取るのに時間がかかっていた表や数字などの情報を迅速に経営戦略に活かすことで、ビジネスの競争力を向上させることができます。


▼ SBTが提供する「Tableau」に関する詳しい情報は以下のWebサイトをご参照ください。
https://www.softbanktech.jp/service/list/tableau/?cid=20140821_01_pr


■「Tableau」の特長
1.直観的な操作感
ドラッグ&ドロップで直観的にダッシュボードを作成でき、必要なデータを必要な時に、直観的に可視化することが可能です。
また、ダッシュボード上をワンクリックするだけで多角的な分析ができるため、ビジネスパーソン視点での分析を容易に実現します。
2.タブレット対応
PC同様にタブレット端末からもWebブラウザ経由でダッシュボードやレポートを閲覧できます。
場所や時間を選ばず、いつでもどこでもデータを分析し、最新のデータを確認することが可能です。
3.豊富なビジュアライズで多様な要望に柔軟に対応
従来のBIツールと比較して、グラフィック表現が豊富で、さまざまなニーズに柔軟に対応可能です。
※利用例:CFOダッシュボード、SCM分析、営業分析、ビッグデータ分析、マーケティング分析など
4.さまざまなデータソースとの連携
データベースやスプレッドシートをはじめ、「Salesforce」や「Google BigQuery」などとも連携してデータを利用することが可能です。
※接続可能なデータソースの一覧は、1ページ目のURLをご参照ください。
5.全世界、幅広い業種で多くの導入実績
全世界で19,000 以上の顧客アカウントを持ち、その実績は日々機能やサポートの改善に活かされています。


今回のサービス提供開始にともない、Tableau Japan 株式会社 社長 浜田 俊氏より、以下のコメントをいただいています。


「競争の激しいグローバルなビジネス環境では、迅速かつ直感的に大量のデータの意味を理解できなければなりません。SBTとの提携を通して、リアルタイムの洞察力とデータに基づいた意思決定を必要とするお客様のニーズにお応えできることを願っております。」

Tableau Japan 株式会社
社長 浜田 俊


SBTは、引き続き、ビッグデータの活用を推進するソリューション・サービスの提供を通じて、お客様の新しいビジネスの創造を支援してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング