ADASやドライブレコーダーアプリの使用に適したオンダッシュBluetoothスピーカー「JBL SMARTBASE」が5月下旬より新登場

PR TIMES / 2018年4月4日 15時1分

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、クルマ用Bluetoothスピーカー「JBL SMARTBASE」を2018年5月下旬に発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12767/118/resize/d12767-118-582130-0.jpg ]


今回発売する「JBL SMARTBASE」は、高音質なJBLサウンドを楽しめるBluetoothスピーカーとして活躍するだけでなく、スマートホン用車載ホルダーとしても活用できます。スマートホンでADAS(運転支援システム)や、簡易ドライブレコーダー、運転ナビなどのアプリを使用する際に適した仕様となっており、スマートホンをダッシュボードにしっかりと固定できる粘着式フラップ部分や、スマートホンのカメラ位置を考慮したデザインを採用しています。また、本機底面には、ダッシュボードにぴったりと取り付けができる粘着&吸盤構造と、取り付けた後も角度調節ができる機構を搭載しており、クルマに簡単に設置することが可能です。

「JBL SMARTBASE」の本機裏面には、電力供給専用のUSBポートを搭載しているので、スマートホンを充電しながらアプリを使用することができます。また、スマートホンを置くだけで充電が可能なQi規格ワイヤレス充電対応のモデルもご用意していますので、本機にQi対応スマートホンを設置すれば、わずらわしいケーブルなしでスマートホンの充電が可能です。
その他にも、クリアで高性能なハンズフリー通話機能や、音声での操作・検索・ナビゲーションをAppleのSiriやGoogle Now経由で利用できる機能を搭載するなど、クルマでの使用に適した機能を搭載しています。
加えて、日本限定仕様として、ご自宅でもご使用いただけるようにACアダプタを同梱しています。クルマだけでなく、デスクに設置しスマートホンの充電やBluetoothスピーカーとしてお使いいただけます。

ADASやドライブレコーダーアプリの使用に適したオンダッシュBluetoothスピーカー「JBL SMARTBASE」で、安全かつ快適なドライブをお楽しみください。

【特長】
■JBL ならではの高音質を楽しめるクルマ用Bluetoothスピーカー
JBL SMARTBASEは、独自の27mm径フルレンジスピーカーを2基搭載し、サイズを超えた広がりと奥行きがある高音質を実現しました。

■クルマのダッシュボードに装着し、スマートホンと接続して利用
スマートホンでADAS(運転支援システム)や、簡易ドライブレコーダー、運転ナビなどのアプリを使用する際に適した仕様となっており、スマートホンをダッシュボードにしっかりと固定できる粘着式フラップ部分や、スマートホンのカメラ位置を考慮したデザインを採用しています。
また、本機底面には、ダッシュボードにぴったりと取り付けができる粘着&吸盤構造と、取り付けた後も角度調節ができる機構を搭載しており、クルマに簡単に設置することが可能です。
本機裏面には、電力供給専用のUSBポートを搭載しているので、お手持ちの充電用ケーブルを接続すればスマートホンを充電しながらアプリを使用することができます。
※クルマから長時間はなれる場合は、本機を車外に持ち出すことをおすすめします。

加えて、日本限定仕様として、製品をより長くお使いいただけるようフラップ保護用シリコンカバーを特別に同梱。自宅で使用する際などフラップの粘着力が不要な際に、フラップに設置できるラバーカバーを採用しました。ほこりやキズを防止しながら、ご使用いただけます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/12767/118/resize/d12767-118-580524-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/12767/118/resize/d12767-118-608924-2.jpg ]


■Qi規格ワイヤレス充電対応のJBL SMARTBASEもご用意
JBL SMARTBASEは、スマートホンを置くだけで充電が可能なQi規格ワイヤレス充電対応のモデルもご用意しています。本機にQi対応スマートホンを設置するだけで充電するので、わずらわしいケーブルなしでスマートホンの充電ができ、また、長時間アプリを使用していても、スマートホンの充電切れを気にすることなくご利用いただけます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/12767/118/resize/d12767-118-412353-3.jpg ]


■走行中でもクリアな音質を実現したハンズフリー機能を搭載
独自のノイズキャンセル技術により、走行中や風の音などの悪条件下でも、ノイズを最小限に抑え、クリアな音質でハンズフリー通話をお楽しみいただけます。

■Siri、Google Nowに対応し、音声での操作が可能
乗車中に操作しやすいよう、再生や音量調整などの操作系ボタンは大きなボタンを採用しています。
また、Bluetooth接続経由でAppleのSiriやGoogle Nowにも対応しているため、音声での操作や検索、ナビゲーションなどの利用が可能です。運転中に支障なくお使いいただけます。

■クルマだけでなく、自宅でもBluetoothスピーカーとして活躍
ご自宅でもご使用いただけるように、クルマで使用するためのシガーソケットアダプタに加え、ACアダプタを日本限定仕様として同梱しています。クルマだけでなく、デスクに設置してスマートホンの充電やBluetoothスピーカーとして利用できます。


【主な仕様】
製品名:JBL SMARTBASE(スマートベース)Qi対応
タイプ:車載用Bluetoothスピーカー
カラー:ブラック
Bluetooth:バージョン 4.1 (※class2:通信距離10m、障害物がない場合)
対応プロファイル:A2DP V1.3、AVRCP V1.5、HFP V1.6
オーディオ入力:Bluetooth
最大出力:10W ( 5W x 2 )
ユニット:27mm径フルレンジスピーカー x 2
周波数特性:100Hz - 18kHz
サイズ(H x W x D):67mm x 144mm x 131mm
重量:約580g
付属:シガーソケットアダプタ、ACアダプタ、六角レンチ、パッド保護用シリコンカバー
発売日:5月下旬
価格:オープン価格 ※公式通販サイト販売価格19,880円(税抜)

製品名:JBL SMARTBASE(スマートベース)
タイプ:車載用Bluetoothスピーカー
カラー:ブラック
Bluetooth:バージョン 4.1 (※class2:通信距離10m、障害物がない場合)
対応プロファイル:A2DP V1.3、AVRCP V1.5、HFP V1.6
オーディオ入力:Bluetooth
最大出力:10W ( 5W x 2 )
ユニット:27mm径フルレンジスピーカー x 2
周波数特性:100Hz - 18kHz
サイズ(H x W x D):67mm x 144mm x 131mm
重量:約580g
付属:シガーソケットアダプタ、ACアダプタ、六角レンチ、パッド保護用シリコンカバー
発売日:5月下旬
価格:オープン価格 ※公式通販サイト販売価格14,880円(税抜)
※仕様、価格は変更となる場合がございます。

<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、ブラジルワールドカップでは全競技場の6割がJBLの製品を採用しました。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)、Revel(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍し、2018年3月にて韓国サムスン電子の子会社となりました。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング