FXTFミラートレーダー限定、2つの新キャンペーン開始!

PR TIMES / 2014年6月6日 11時25分



株式会社FXトレード・フィナンシャルは、今月よりFXTF ミラートレーダー限定で、
2つのキャッシュバックキャンペーンを開始致しました。自動売買の取引システム、
FXTF ミラートレーダーをまだお取引されていないお客様には、10ロット以上のお取引で10,000円、
既にお取引頂いているお客様には、お取引高に応じて100ロット以上5,000円から上限なしでキャッシュバック
が受けられるキャンペーンとなります。この機会に是非お取引をご検討下さい。


キャンペーンその1:【10ロット以上のお取引で10,000円キャッシュバック!】

■キャンペーン期間
2014年6月2日(月)07:00 ~ 2014年8月1日(金) 05:55

■キャンペーン概要

(1) キャンペーン期間中に10ロット以上のお取引 → 10,000円をキャッシュバック

■キャンペーン対象サービス
FXTFミラートレーダー

※既存のお客様でもFXTFミラートレーダー初回取引ならOK。
※単月集計で1回限り。
※手動によるマニュアル取引及びライブシグナル機能による取引は除きます。

キャンペーンその2:【100ロット以上のお取引でお取引高に応じてキャッシュバック!】

■キャンペーン期間
2014年6月2日(月)07:00 ~ 2014年8月1日(金) 05:55

■キャンペーン概要
FXTFミラートレーダーの新規建て取引量に応じて、キャッシュバック
・取引100ロット~299ロットのお取引⇒5,000円
・取引300ロット~499ロットのお取引⇒20,000円
・取引500ロット~999ロットのお取引⇒50,000円
・更に500ロット毎に50,000円アップ、上限なし!

■キャンペーン対象サービス
FXTFミラートレーダー

※FXTFミラートレーダーの口座をお持ちの方全員が対象となります。
※単月集計です。
※手動によるマニュアル取引及びライブシグナル機能による取引も対象です。

キャンペーン詳細
http://www.fxtrade.co.jp/lp/autofx_fxtf.html#cashbackDetail

リニューアルされたFXTF ミラートレーダーランディングページとともに是非ご覧下さい。

なお、このたび当社ではFXTF ミラートレーダーの情報サービス「プレミアムラウンジ」に
システムトレードの基礎が学べるコンテンツを加えました。
以下URLより「初心者サポート」タブを是非ご覧下さい。

FXTF プレミアムラウンンジ
http://www.fxtrade.co.jp/autofx/premiumlounge


■□■会社概要
株式会社FXトレード・フィナンシャル
(FXTrade Financial Co., Ltd.)
〒108-0073 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F
株主資本:12億27百万円 (2013年10月末現在)
代表電話番号: 03-4577-6777
FAX: 03-5765-6415
http://www.fxtrade.co.jp/corporate/corp_info.html

■□■本リリースにおけるお問い合わせ
株式会社FXトレード・フィナンシャル
support@fxtrade.co.jp
フリーダイヤル 0120-445-435
【金融商品取引業者登録番号】 関東財務局長(金商)第258号
【加入団体】一般社団法人 金融先物取引業協会加入
一般社団法人 日本投資顧問業協会 加入

【リスク警告】
外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。
外 国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動によ り損失が発生することがあり、取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあり ます。
取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。
取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング