JNB VisaデビットにVisa認証サービスを導入

PR TIMES / 2014年7月1日 17時14分

~認証には日本で初めてワンタイムパスワードを利用~

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)は、2014年10月下旬より、JNB VisaデビットにVisa認証サービス(Verified by VISA・3Dセキュア)を導入いたします。



Visa認証サービスは、Visaが提供する本人認証サービスで、第三者による不正利用を未然に防ぐことができます。Visa認証サービス参加加盟店でインターネットショッピングをご利用の際に、JNB Visaデビットの「カード番号」「有効期限」「セキュリティコード」に加えて、Visa認証サービス用のパスワードを入力することで本人認証を行います。

通常、Visa認証サービスには、利用者ご自身でパスワードの事前登録が必要ですが、ジャパンネット銀行では、日頃ネットバンキングでお使いのトークン式ワンタイムパスワードを利用します。

ワンタイムパスワードはトークンに表示されるため、忘れる心配がありません。また60秒で無効になるため、より安心してご利用いただけます。
なお、Visa認証サービスにワンタイムパスワードを利用するのは、ジャパンネット銀行が日本で初めてです。
また、これまではVisa認証サービスを必須としているネットショップやオンラインサービスでは、JNB Visaデビットをご利用いただけませんでしたが、Visa認証サービスの導入により、これまで以上に幅広いシーンでJNB Visaデビットをご利用いただけるようになります。

・JNB Visaデビットについて
http://www.japannetbank.co.jp/service/payment/cardless/index.html

・Visa認証サービスについて
http://www.visa.co.jp/personal/security/onlineshopping.shtml

・トークン式ワンタイムパスワードについて
http://www.japannetbank.co.jp/security/security/otp.html

【Visa認証サービス・導入概要】

●開始日時: 2014年10月下旬(予定)
※サービスリリース日が確定しましたら当社ホームページ等でお知らせします。

●対象サービス: JNB Visaデビット
・Visaデビットカード (Visaデビット付キャッシュカード)
・JNBカードレスVisaデビット

●ご利用方法:
Visa認証サービス参加加盟店でJNB Visaデビットを利用すると、認証画面が表示されます。お配りしているトークンに表示されるワンタイムパスワードを入力し認証を行います。
※Visa認証サービスの専用画面では、ロゴマークが表示されます。

ジャパンネット銀行は、今後も安心してネット決済をご利用いただけるよう努めてまいります。

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング